2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 今に生きる三方よしの精神 | トップページ | コミュニティ・ビジネス誕生の秘話 »

2007年5月20日 (日)

二代目へっぽこ先生の登場

 二足のわらじを履く、二代目のへっぽこ先生がコミュニティビジネス総合研究所所長の細内所長である。

 初代のへっぽこ先生は、旧制宇都宮中学の英語教師。かって所長の実家と同じ町内会に住んでいた先輩だ。教師になる前に米国へ旅行し、現地で工員などいろいろな職業を経験したそうだ。最初、教員資格を持っていなかったので、へっぽこ先生と自ら呼んでいたらしい。へっぽこ先生の名は『川上澄生』、文明開化や南蛮風の木版画を得意とし、私家版の本、ガラス絵なども多数残した。当時へっぽこ先生は中学教員と版画家という二足のわらじを履いていた。いまでこそ、へっぽこ先生の版画は全国的にも有名だが、当時周りの人の目には彼の趣味の世界としか映らなかったようだ。版画一本で食べていくのが困難な時代であった。あの棟方志功(澄生の版画を見て「ハット」して木版画家に転進)でさえ、マッチ箱のラベル絵をつくることで生活費を捻出していたそうだ。

 所長も今ではまちづくりやコミュニティ・ビジネスのお話しをする伝道師(ここ10年間で講演、ワークショップはすでに800回を越えた)として全国各地を行脚している。かつ週一日、3コマを担当する女子短期大学の客員教授(現在、新たに四年生大学、もしくは大学院の客員教授先を募集している)であり、女性起業論、コミュニティ・ビジネスⅠ、コミュニティ・ビジネスⅡ、NPO経営論、店舗経営(ショップ・マネジメント)、店舗企画(ショップ・プランニング)などの実務を教えている。また非営利団体の代表として行政の委員会に出るなど、毎日東奔西走している。

 今回の一連のブログは、二代目へっぽこ先生のそうした全国各地における講演活動や現地での視察を通して見聞きしてきた旅の研究日誌である。。(拙著「みんなが主役のコミュニティ・ビジネス」ぎょうせい 2006年 に加筆して作成)

« 今に生きる三方よしの精神 | トップページ | コミュニティ・ビジネス誕生の秘話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二代目へっぽこ先生の登場:

« 今に生きる三方よしの精神 | トップページ | コミュニティ・ビジネス誕生の秘話 »