« 少子化は深刻だ、いまこそ介護ロボット開発を | トップページ | 良い町の条件とは »

2008年5月15日 (木)

幻の手塚治虫ワールド

 先ほどの福祉介護のロボットから、わが愛する手塚治虫の名前が浮かんだが、細内所長は10数年前、手塚関係のある幹部さんから”手塚治虫ワールド”事業構想のご相談を受けたことがある。国産テーマパークは、結果として幻に終わったが、実現していれば川崎沖に誕生し、羽田空港からのアクセスが確保されたことであろう。

 純国産のテーマパークは夢として消えたが、当時は、たしか5案に及ぶ事業計画書を拝見した記憶がある。所長は当時シンクタンクで地域開発の研究調査を担当していた。そんな関係でコメントを求められたわけである。わが国を代表するシンクタンクのもの、大手広告代理店のもの、手塚関係のものと、事業構想は多彩を極めていた。しかし一番事業構想に夢があったのが、手塚治虫の思想を受け継ぐ、手塚関連プロダクションの作成したものだった。今でも印象に残る”手塚治虫ワールド”のメイン・エントランスは、手塚先生のトレードマークであったベレー帽を模してあった。夢のある事業構想であったが、実現しなかったのがいまでも大変残念である。

 そして手塚プロの幹部さんから、クリスマスイブの日に”鉄腕アトムのケーキ”をその御礼として神谷町の職場(当時住信基礎研究所からヒューマンルネッサンス研究所へ転籍していた)まで直に届けていただいたのが今でも印象に残っている。

 ☆彡

Img_20211123_125708

当時頂いた年賀状

20160330_038

所用で高田馬場にある本社を訪問した時のもの

☆彡

20130304_081

リボンの騎士は私の好きなキャラクターの一つ

☆彡

20130304_080

BJは、医師の資格を持つ手塚先生にしか描けないシリアスなドクター・キャラクターもの

*

« 少子化は深刻だ、いまこそ介護ロボット開発を | トップページ | 良い町の条件とは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。