« 道路も橋も大切だが、まちの文化資源の復活・再生も大切だ | トップページ | 親の介護を考える »

2009年4月26日 (日)

高速料金がはたしてどうなるか?目が離せない今日この頃である

 当方のクルマに遅ればせながらETCが付いた。本日、新宿にあるわがCB総研まで、中央フリーウェイは休日ながら快適であった。 

 思い起こせば1994年、いまから15年前にヨーロッパのスイス、オーストリアを走ったとき、すでにETCが使われていた。わが国もやっと庶民レベルまでETCが普及しそうな勢いである。

 少し遅すぎた感もあるが、いままで高速料金が高かったのが遅れた原因の一つであろう。今日の走りでは、八割方がマイカーであった様に感じた。今回の麻生施策で高速料金が休日に少し安くなったのでマイカーが増え、一方不景気で営業車は動くのを自粛しているようだ。しかし平日よりも交通量が少ないのが少し気がかりだ。

 この休日料金が2年後はたしてどうなるか?

目が離せない今日この頃である。

« 道路も橋も大切だが、まちの文化資源の復活・再生も大切だ | トップページ | 親の介護を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速料金がはたしてどうなるか?目が離せない今日この頃である:

« 道路も橋も大切だが、まちの文化資源の復活・再生も大切だ | トップページ | 親の介護を考える »