« 坂本龍馬と牧野富太郎 | トップページ | 神様、仏様にすがる気持ち »

2010年2月19日 (金)

社会起業家、社会事業家を多数輩出する岡山県

 高知県社協での講演を終え、JR高松駅で特急南風号に乗り、次の講演先の岡山に向った

途中大歩危、小歩危を通過し、丸亀城前をよこぎり、瀬戸内海に臨む工業地帯の夜景を楽しみながら岡山駅のホームに滑り込んだ

岡山ではいままで倉敷市、笠岡市、井原市、和気町など講演・起業ワークショップを多数こなし、毎度訪れているところである

岡山弁「ぼっけ~の~」の土地柄だ

その岡山県だが社会起業家、社会事業家を多数輩出する土地だ

岡山孤児院を設立した石井十次は、児童福祉の父でかつて石井のお父さんと呼ばれた

社会鍋で有名な救世軍の山室軍平、そして児童福祉の留岡幸助も岡山県出身だ

企業の社会貢献では、大原美術館創設の大原孫三郎がいる

現在も社会貢献の風土を積み重ね、ベネッセ、林原、山田養蜂場など、企業の社会貢献を当然とする会社が多数存在する県だ

今回は、岡山県ボランティア・NPO活動支援センターとの協力で、勝央町にてコミュニティ・ビジネスの講演をしたきた

多くの参加者に囲まれて気持ちよくお話ができた一日だった

« 坂本龍馬と牧野富太郎 | トップページ | 神様、仏様にすがる気持ち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会起業家、社会事業家を多数輩出する岡山県:

« 坂本龍馬と牧野富太郎 | トップページ | 神様、仏様にすがる気持ち »