2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« ギリシャ問題は資本主義崩壊の始まりか | トップページ | ゆで蛙、負けるな日本 »

2010年5月 9日 (日)

歌川国芳展に行く

本日は府中市立美術館の歌川国芳展に行ってきた。

入場終了60分前の駆け込み鑑賞だったが、最終日で大盛況であった。

図録3500部はすでに完売とのこと。

若い世代のグループ鑑賞が多いのに正直驚いた。

所長も国芳作品を2点所有しているが、1点の裏には鉛筆で英語の走り書きがあり、米国からの里帰り作品であった。

国芳と言えば幕末浮世絵の三大巨匠の一人。

葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳と、それぞれの絵に特徴はあるが、彼の大判3枚ものには傑作が多い。

モチーフは鯨であったり、鯉であったり、金太郎であったり、はたまた赤穂浪士の討ち入りであったりと大判3枚もののオンパレードだ。

しかし彼の1枚もののだまし絵もユーモアがあり、風刺が効いていて以外に傑作が多い。

美術館の周りはケヤキの新緑が眩しいくらいだ。

駅からの散策には今が一番良い季節であった。

できれば一人でなく、つぶやきを聞いてくれる存在が欲しかった。

« ギリシャ問題は資本主義崩壊の始まりか | トップページ | ゆで蛙、負けるな日本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。