2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 平成の龍馬よ、何処 | トップページ | 発信型の文化は多極分散型の方がよい。 »

2010年12月10日 (金)

ノーベル賞に思う。知的散策の方法。

本日はストックホルムでノーベル賞の受賞式である。

ノーベル賞といえば、化学賞を受賞した福井謙一先生の前座で講演したことがある。

1994年5月14日大分市での講演である。福井先生はノーベル化学賞を受賞したフロンティア理論でオオトリを務め、講演会を締めくくった。

一方当方は「情報財マーケティング」での講演である。21世紀は情報財が主流になるという演題であった(詳しくは情報文化学会誌VOL.1を参照されたし、グーグルで検索が可能)。

福井先生はメモ魔と散歩の達人だそうだ。

講演会終了後、主催者の好意で市内の料亭にて食事をご一緒したが、福井先生は温和な好々爺であった。

関サバ、関アジを堪能しながら、ノーベル賞受賞者から”知的散策の方法”を直接伝授していただいた訳であるが、細内所長の”散歩好き”と”何処でもメモ”は、この時(30歳代)から意識して行っており、すでに自分のものになっている。明治神宮と新宿御苑への散策は知的散策の一環である。

« 平成の龍馬よ、何処 | トップページ | 発信型の文化は多極分散型の方がよい。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。