« Coの時代、C世代、C族 | トップページ | 知識創造型産業が息づく「SOHO CITY みたか」のセカンドステージ »

2012年1月18日 (水)

名古屋の将来を考える懇談会2005

この年始にレポートを整理していて出てきた資料の一つに『名古屋の将来を考える懇談会』報告書(2005年委員会設置)がある。

7年前の議論だが、今の「大阪都構想」「名古屋都構想」につながるレポートなので当ブログにて一部をご紹介しよう。

委員会設置の趣旨⇒こちら「2005N1.jpg」をダウンロード

懇談会委員のリスト⇒こちら「2005N2.jpg」をダウンロード

細内の私案(経済面から)⇒こちら「2005N3.jpg」をダウンロード

当時東京から委員として参加していたのは、慶應義塾大学の清家教授(現塾長)と私の2名だけであった。名古屋駅までのタクシー等でよくご一緒させていただいたものだ。清家さんは温和な方であった。

« Coの時代、C世代、C族 | トップページ | 知識創造型産業が息づく「SOHO CITY みたか」のセカンドステージ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。