« まさに情報財の時代だ | トップページ | CB図鑑づくりから始まるCBネットワーク »

2013年3月 5日 (火)

日本一の長寿県、長野県

前々から大学の授業や講演先で話していた長寿県、長野県であるが、今回の厚生労働省の正式発表でそれが現実のものとなった。男女とも平均寿命が日本一だ。同時に医療費、福祉費が一番かからない県でもある。しかし彼らの分析にかけているものがある。それは長野県には適度なコミュニティが存在することだ。つまり顔の見える健全な地域コミュニティがある。そして70歳以上のシニア起業率が最も高いレベルにあることもその遠因であろう。適度に働く場、社会参加の場が身近な地域コミュニティにあることが大切だ。ボランティア活動から一歩すすめて、シニアや子育て中の女性も含めコミュニティ・ビジネスなどの働く場づくりが盛んなのも長野県だ。

健康診断、予防介護も大切だが、社会参加の場である健康・健全な顔の見える地域コミュニティが身近にあることも重要な要素だ。

« まさに情報財の時代だ | トップページ | CB図鑑づくりから始まるCBネットワーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。