« 大人の社会科見学・映画編 | トップページ | コミュニティビジネス総合研究所はおかげ様にて満10年を迎えました »

2013年9月29日 (日)

社会貢献として公的な仕事を考える

私はかって内閣府の女性起業アドバイザーをしていました。
http://www.gender.go.jp/t-challenge/gijiroku2.html

そしていま総務省の地域情報化アドバイザーをしています。今年で7年目です。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/adviser.htm

現在、公的な仕事というともう一つ、

法政大学大学院政策創造研究科の『コミュニティービジネス論』の兼任講師をしています。今年で6年目です。

授業は11月からスタートしますが、科目履修生でも授業が受けられるので、一般の方で関心のある方は直接法政大学大学院の事務室にお問い合わせされたし。

シラバスはこちらから。
https://syllabus.hosei.ac.jp/web/preview.php?no_id=1354012&nendo=2013&gakubu_id=政策創造研究科&radd=221

社会貢献として公的な仕事の意味を考える昨今です。

« 大人の社会科見学・映画編 | トップページ | コミュニティビジネス総合研究所はおかげ様にて満10年を迎えました »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。