« 豊かで平和な日本の象徴 | トップページ | 地域の歴史風土と先祖の生きざま »

2014年8月29日 (金)

細内所長、山峡を行く

先日南信州での仕事を終えて、長野県の飯田駅からJR東海の特急伊那路に乗りびっくり。名古屋経済圏と地元では言いながら豊橋行きの車両は乗客もまばら。車内の交通広告も豊橋や名古屋近郊のレジャー施設のものがほとんど。東京のものではないのがここ伊那谷の特徴か。それともJR東海の路線エリアだからか。電力も長野県内は中部電力。東京とアンペアが違う。

20140817takagi_123
リンゴをもった少女の像と駅舎の赤がリンゴ色でとても印象的だ

20140817takagi_134
特急伊那路はJR東海が運行するスマートな電車だ

20140817takagi_141
車内はだれもいない。貸切状態だ。セミの鳴き声のみ我が心に響く

20140817takagi_151

天竜川の蛇行に合わせて線路も蛇行する

20140817takagi_153

     山峡を走る電車に我が心は弾む

20140817takagi_161
飯田線は長野県、静岡県、愛知県の3県の山峡部を走る

20140817takagi_179
車掌さんのアナウンスで車中から必死に長篠城を写す

飯田線の2時間30分の旅はあっという間であった。

東京から南信州へのアクセスは特急を利用するならば新幹線ひかりで豊橋から飯田に入るのが便利だ。山峡の眺めは絶景の連続だ。紅葉の季節に訪ねるとさらに良し。

わが国はやはり観光立国を目指すべきだ。

« 豊かで平和な日本の象徴 | トップページ | 地域の歴史風土と先祖の生きざま »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。