« 美濃の国を行く、道三ゆかりの地 | トップページ | 「ドイツの温泉滞在と日本の湯治文化」 »

2014年11月15日 (土)

日本で一番住みやすい?快適な村・たかぎ村の”ベリー&ゴー”

細内所長が村おこしの仕事で通っている、長野県たかぎ村(人口6440人)のゆるきゃらベリー&ゴーのニューソングが村役場によって完成しましたので、みなさんにご紹介します。

小さな町や村の学習する組織・集団づくりの情報は次の通り

CB総合研究所が提供する『町の学校』はこちらから(201604追記)

ゆるきゃら活用は、新しい共感、共鳴の輪を広げる情報財です。
20141114_081
長野県でも有数のいちごの産地・喬木(たかぎ)村から生れた ゆるきゃら・ベリー&ゴー
20141114_091
もっとも村で一番有名なのは、喬木村出身の児童文学者椋鳩十(むくはとじゅう)の存在です。彼の作品は、小学校5年生の国語の教科書にものっています。椋鳩十は日本の”ネイチャーライター”です
20141114_089
役場での仕事の帰りに、椋鳩十記念館に立ち寄り、中央アルプスの山脈に映える夕焼けをひたすら眺めました。ほっとするひと時でした

« 美濃の国を行く、道三ゆかりの地 | トップページ | 「ドイツの温泉滞在と日本の湯治文化」 »

地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。