2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« ふさの国商い未来塾にて講演 | トップページ | 女性のための起業入門講座のご案内 »

2015年10月17日 (土)

旨いご飯、日本人に生まれて良かった瞬間

仕事柄外泊することが少なくない。多いときで年間100泊ほどしていたが、最近は宿泊を押さえている。

今でもホテルや旅館の利用は少なくないが、その時の状況に応じて泊まり分けをしている。
最近エコロジー志向のホテルやおもてなしのサービスを前面に出すビジネスホテル、旅館は少なくない。
私が宿泊する上での判断材料にしていることは、インターネットによる宿の口コミ、そしてご飯の鮮度やその美味しさである(これは宿泊してみないと分からないが)。
S20151003_529_2
炊飯ジャーの臭いがするご飯が出てきたら、迷わず箸をおく。
炊き立てのご飯が出てきたら、おかわりをそっと出す。
新米の炊き立てご飯が出てきたら、咀嚼する回数を増やし、その甘味を堪能する。
おいしい米と天然水、源泉かけ流しの温泉、紅葉の素晴らしい眺めがあれば、私にとってそれが最高のおもてなしだ。
日本人に生まれて良かった、そう思う瞬間だ。
S20151003_295_2
*多いときは毎週旅客機に乗っていた。
錫杖をスマホに持ち替え空を飛ぶ、まるで地域を拓く古代の神様・猿田彦(伊勢に猿田彦神社がある)になった気分。猿田彦は国土の水先案内人の神様だ。

« ふさの国商い未来塾にて講演 | トップページ | 女性のための起業入門講座のご案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。