« 健康なシニアの育成が医療福祉費を押さえ、衰退した町内会・自治会の元気づくりに寄与 | トップページ | 韓国で開催される国際ファーラム「持続可能な地域共同体」に招聘される »

2016年10月20日 (木)

私の韓国講演も国際貢献の一つと思っています

細内所長は、来る2016年11月1日に開催される全州国際フォーラム2016に、韓国地域振興財団の招きで3回目の韓国招待講演を行うために彼の地を訪問します

過去2回2008年、2010年にもご招待を受け、訪韓(「町の学校」の「活動実績」の中ほどにそのドキュメントあり)しましたが、今度は全州市(かつて百済国の都が置かれていたこともあるという )で開催される「持続可能な共同体フォーラム2016 」にて「持続可能な地域共同体、日本の事例」と題して、国際フォーラム2016に参加してきます。

*
2008年に細内著の2冊(「地域を元気にするコミュニティ・ビジネス」ほか)が韓国語に翻訳され、韓国で上梓されました。韓国の地域づくり関係者の皆さんに読まれているそうです(これも国際貢献の一つと思っています)。
*
全州市は人口が65万人で、日本の金沢市と友好姉妹都市を結んでいるそうです。食の都とも、ビビンバの発祥の地ともいわれています。
*
羽田ー金浦空港間は行きが2時間30分で帰りが2時間5分です。まるで東京から北海道の旭川(中小企業大学校旭川校のCB講座の主任講師として3年連続で通いました)や奄美群島の奄美大島、徳之島(JC鹿児島ブロック大会で講演に伺う)に行くような感覚です。
Dsc02378
☆旅人でないとこの仕事は務まりません。九州ゆふいん号にて。
Spa017630
☆東京目黒区役所にて講演をしました。

« 健康なシニアの育成が医療福祉費を押さえ、衰退した町内会・自治会の元気づくりに寄与 | トップページ | 韓国で開催される国際ファーラム「持続可能な地域共同体」に招聘される »

講演会情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。