« たえずスキルと知識を磨いていくことが大切 | トップページ | 私の韓国講演も国際社会貢献の一つと思っています »

2016年10月 8日 (土)

健康なシニアの育成が医療福祉費を押さえ、衰退した町内会・自治会の元気づくりに寄与

平成26年に介護保険制度が改正され、市町村は国から総合事業の移管を、3年間の猶予期間をメドに、その体制確立を迫られ、その要となる生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の養成がいま市町村の喫緊の課題となっている。
*
*
そしてシニアの生涯学習も日本各地で盛んだが、福祉介護、予防健康の分野と連携し、元気な高齢者づくり、高齢者の社会参加の場づくりとして、コミュニティ・ビジネスは、地域活動、ボランティア活動からスタートし、個人や地域共同体の身の丈にあった起業まで、その人の能力とやる気に応じて、地域共同体の維持・発展に貢献している。
*
そうした健康なシニアの育成が医療費や福祉介護費を押さ、高齢化した町内会・自治会の元気づくりに寄与している。
*
彼らを支援する生活支援コーディネーターが地域にいれば正に鬼に金棒である。以下、当社が最近お手伝いしたシニア向けのコミュニティ・ビジネス関連講座である。
*
*
*
*
ご参考までに。
20142
☆中学校におけるコミュニティ共同体の維持発展に関する講演会は最近増えている。

« たえずスキルと知識を磨いていくことが大切 | トップページ | 私の韓国講演も国際社会貢献の一つと思っています »

地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。