2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 全国津々浦々の講演旅行 | トップページ | 完州コミュニティ・ビジネスは、ヘルシーコミュニティ、コミュニティファーストの精神 »

2016年11月30日 (水)

未来に向かって日本の持続可能な地域共同体、長野モデル私案

2016年11月1日に細内所長が、韓国の全州市で持続可能な地域共同体モデルの国際フォーラムにて招待講演をしてきました。その論旨は次のとおり。
*
持続可能な地域共同体モデル、長野モデルとして、以下の仮説をもって唱えているのはおそらく私以外にいないかと思います。強いて言えば、長野県内でPPK(ぴんぴんコロリ)という言葉が使われていますが、私の長野モデルを簡単に説明するならば、その意味を解説する言葉の一つとなり得るでしょう。それは高齢になっても緩やかに働く(社会参加の)場が身近な地域コミュニティにあるということで、そこでだれもが主役となって働き、予防検診のもとに健康でハッピーに暮らしていこうとするものです。
*
Simg_2315

<日本のコミュニティ問題 >

★人口減少問題

・現在日本の人口1億2650万人が、30年後の2048年ころには1億人を割るであろうといわれている。⇒国力の低下、コミュニティ力の低下、企業の縮小・衰退
*
★それに伴い予測される社会問題
・すでに始まっているが、本格的な少子高齢社会の到来で、医療・社会保障費が増大し、あわせて地域コミュニティの経営力が衰退し、地方に不健全なコミュニティが急増する(よって健康なコミュニティ、すなわちヘルシーコミュニティの必要性が高まる)。また地方自治体の財源不足も一層拍車がかかる。コミュニティ・ビジネスをもって地域コミュニティの経営に住民が直接参画する時代の到来が始まっている。
*
ヘルシーコミュニティとは、地域課題を自ら解決する能力のあるコミュニティのこと。
*
☆コミュニティファーストとは、一人の住民はコミュニティのみんなのことを考え、コミュニティは一人の住民の思いをおもんばかること。
*
★地方自治体の喫緊の課題
・中央政府の指示のもと行われた平成の大合併により、地方自治体の数が3,300から1,700に整理統合され、公共サービスの低下がより一層懸念される。今後、縮小・消滅する自治体が増加し、集落の生き残り策が喫緊の課題となる。
*
2013
*
コミュニティ・ビジネスは、こうした貧しい公共サービスに対して、買い物・生活支援サービスなどに代表されるローカルサービスを代替し、地域住民の自主性、マネジメント力を向上させ、地域共同体の自己決定権を維持、発展させる。
コミュニティ・ビジネスが作るヘルシーコミュニティが、新しい信頼の形を作る
*

1. 地域を一つの生活圏として捉え、職住近接の働き方、暮らし方をつくる

*

2. 地域が必要としている仕事を顔の見える範囲の地域密着でつくる

*

3. 地域の困った問題の解決や生活支援サービスを適度なビジネスで行う

*

4. 地域の身の丈にあった等身大の仕事を職住近接でつくる

*

5. 地域にある遊休資源を活用し、地域事業として外部経済を獲得する

*

6. 地域の新しい社会づくり、共創づくりを地域のステークホルダーと並行して進める

*

7. 地域で失った内部経済を地域の協業、すなわちコミュニティ・ビジネスで取り戻す


8.以上の働き方、暮らし方を総体的に進めることで、新しい自分おこし、地域おこし、信頼おこしが起きてくる。

*

939f8fe0d115d524ee1ceaf6c5113d55_s

日本の持続可能な地域共同体:長野モデルの特長、県民人口214万人

☆長野県は、日本一の長寿県であり、かつ世界長寿トップクラスのコミュニティである(かつての予防検診の後進県から先進県への変貌)

☆長野県には、顔の見える地域コミュニティ(地域共同体)が多数残っている

☆地域住民には、住民自治の長い歴史と伝統がある

☆地域共同体には、冠婚葬祭などを地域で作り上げる伝統と文化がある(野澤組の自治活動や諏訪神社の御柱祭りもその一つ、そこには地域コミュニティのみんなが参加できる場と機会がある。最近はその場に観光客も参加できる仕掛けが観光地としての魅力を高めている。そうした地域の生活に密着する観光を私は生活観光と呼んでいる )(信州新町では商店街振興組合のメンバーが地域の葬祭をNPO事業として実施している)

☆子供から大人、高齢者まで、すべての年代で地域共同体に対する愛着心と誇りが強い(信濃の国の唱和もその一つ)

☆江戸期から庶民のための寺子屋が県内に1,400箇所もあり、日本一の教育熱心な地域であった(2位山口県、3位岡山県)

☆新進気鋭の精神と勤勉な暮らしを守る強い風土がある

70歳以上の高齢者起業率は日本一である(緩やかに働くことが可能な場が身近な地域で作れることは、適度な緊張感を育み、健康にも良い)

*

☆コミュニティ・ビジネスを新しい信頼のかたち、社会参加の場、新しい地域の働く場(多足のわらじ)としてとらえていることが、その証である。

*

諏訪大社の御柱祭りは、6年に一度開催される1200年前からのCB(経済循環)活動の一つであると私は思っている。その準備段階からとらえるとその経済活動はもっと短サイクル化することになる。

*

S

*喬木村伊久間地区の事業発表会

S_062

*野沢温泉村の朝市の賑わい

S_071_2

*野沢温泉村の足湯と13の無料共同浴場

20142

*中学校における地区PTAのためのCB講演会

2_137

*テーマコミュニティに集う花農場のクリスマス風景

Simg_20160812_180040_2

ロボットがコミュニティ参加をサポートしてくれる?

AIロボットと一緒に暮らす時代がまもなくやってくる(生産性新聞への寄稿より)。

« 全国津々浦々の講演旅行 | トップページ | 完州コミュニティ・ビジネスは、ヘルシーコミュニティ、コミュニティファーストの精神 »

地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。