2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 細内信孝の関連書籍を大幅に加筆しました | トップページ | 本当の市民を増やさない限り日本は大きく変わらない。そしてお金の意味や富の配分が、いま再び問われている »

2017年10月 4日 (水)

中小企業の事業継承は難しい

仕事柄多くの事業継承を見てきたが、なかなか難しいものだというのが率直な感想だ。

20150410_051

(写真と本文は関係ありません)

社内に後継者が育たず、周りにイエスマンばかりが寄り付き、停滞している会社
*
社内に後継者がいないと見ると、競合他社の有能な経営者を見つけ、株式交換で経営統合をすすめる老練な会社経営者
*
息子に自分の長年の夢であった新規事業を立ち上げさせ、事業を継続拡大させるやる気まんまんの経営者
*
いずれの経営者も還暦をすぎたベテランの経営者だが、悩みぬいた末に今がある。
*
日本の会社経営者には、会社を売却してしまおうという考えの方は少ない。一所懸命の考えが鎌倉期から続いている。
*
海外では、会社の売却は日常茶飯事である。
*
最近目にしたのは、会社株式の2/3を大手に売却した案件だ。
*
1/3の自己保有を維持し、会社の将来を大手・親会社に賭けるケースだ。創業者利益を確保しながら、今後の配当も期待できる。
*
最近の若手経営者、起業家によく見られるケースだ。
*
その成否は、3年後に見えてくるだろう。
*
Dscf2525
*
20120928_063
*(写真と本文は関係ありません)

« 細内信孝の関連書籍を大幅に加筆しました | トップページ | 本当の市民を増やさない限り日本は大きく変わらない。そしてお金の意味や富の配分が、いま再び問われている »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。