« ある社長の遺言『世の中の潮目を機微にとらえ、チャンスに乗ることが大切』 | トップページ | 栃木の町と人、宇都宮、足利、鹿沼、益子、芳賀、日光、上三川、下野 »

2017年10月14日 (土)

津端修一さんからの手紙を発見

18年ぶりに、つばたしゅういちさんからの手紙を発見しました。

当時が懐かしい。

Img_5840_3
*
独特の書体文字がとても懐かしい。
*
原文を当方で書き起こすと
*
細内信孝様 1999.6.16
*
お便りありがとうございました
*
ご教示などできません
*
自由時間哲学などありませんし
*
自由時間・自己流を楽しんでいるだけ
*
時間をためて、終わりなき日常をゆたかにしてきただけのこと
*
お金なし
*
貯金なし
*
健康
*
つばたしゅういち 自由時間評論家 前広島大学教授

« ある社長の遺言『世の中の潮目を機微にとらえ、チャンスに乗ることが大切』 | トップページ | 栃木の町と人、宇都宮、足利、鹿沼、益子、芳賀、日光、上三川、下野 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。