2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 細内は大学院3校、大学3校、短大1校の7大学の非常勤を経験 | トップページ | 20数年のコミュニティ・ビジネスに関する研究活動を振り返る »

2017年11月23日 (木)

細内共著の『ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割』

『ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割』の紹介
(2004年 ぎょうせい/炭谷茂、大山博、細内信孝編著)
細内共著の『ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割』では13年前から細内所長らが上梓したこの本の中では、ソーシャルインクルージョンを「共に生きる社会」として定義しています。
*
2_101
*
私が提唱しているコミュニティ・ビジネスの概念の中では、
地域で生かされないもの(人)を極力出さないという点をとても大切にしています。つまり、ソーシャルインクルーションはコミュニティ・ビジネスの根幹に流れる考え方です。過去に細内校長が視察したイギリスでは、障がい者だけでなく、非行に走る若者たちの就労の場としてソーシャルインクルージョンの視点にもとづき、仕事づくりが行われいました
*

« 細内は大学院3校、大学3校、短大1校の7大学の非常勤を経験 | トップページ | 20数年のコミュニティ・ビジネスに関する研究活動を振り返る »

細内信孝のコミュニティ・ビジネスワールド」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。