« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

コミュニティ・ビジネス実践者訪問:有限会社さいとう工房

今回のコミュニティ・ビジネス実践者訪問は、墨田区にある車いすのさいとう工房です。

Dsc_0558
20180320にJIS規格に認定された6輪電動車いすについて、インタビューをしてきました。
171116jis6_01
Dsc_0557
齊藤さんとは20数年前に斎藤さんがご相談にみえた時からのお付き合いです。当時法人格として有限会社をアドバイスしました。会社がこんなに成長され、私もうれしいです。
*
Dsc_0541_2
*レルコミュニティは趣旨に賛同する開かれたコミュニティである
Dsc_0552
*障碍者用に掃除機付きの車いすもあるという
Images_12
私が講師を務める大学院の授業にも出ていただいた(2014年)

2018年3月25日 (日)

風や潮を待つなんて、とても人間的でいいじゃないですか!

瀬戸内海で好きな港町は、宮島、尾道、鞆の浦、牛窓、日生と、広島、岡山両県にまたがる昔の吉備の国。

*
温暖で住みやすく、いずれも風光明媚で、帆船のころ風待ち、潮待ちをした港町だからです。風や潮を待つなんて人間的でいいじゃないですか。
*
私も還暦を迎え、どこか客員教員で呼んでくれるところありませんか?
瀬戸内海は私が移住をしたいところです。
*
松山、高松もいいですね。
*
*
Img_4222_2
*
Img_4216
*
Img_4222_3
*
Img_4171

古代史備忘録、大神神社と卑弥呼の古墳

京都講演のかえり1泊し、奈良の三輪山に参拝してきました。

革靴で三輪山の奥宮まで往復しましたが、靴はボロボロになりました。
しかし日本の神社の総元締めである大神神社に参拝できたいへん満足でした。
*
S20110411iphone_755_2
*
当時は体力がありましたので、天理駅から石上神宮、山の辺の道、巻向遺跡、大神神社、奥宮、そして卑弥呼の墓といわれる箸墓古墳をまわってきました。8キロくらい歩いた勘定です。
*S20110411iphone_727_2
*左端にかかる雑木林が箸墓古墳です。宮内省が管理していますので中には入れません。

2018年3月23日 (金)

手仕事の帆布にオコゼの天ぷらと桂馬の蒲鉾、ラーメンが美味しい町、尾道

手仕事はいいね。尾道帆布。

広島に講演に行ったとき、コミュニティ・ビジネス(CB)の実践者木織さんから頂いた工房尾道帆布のハンチング帽。今でも使っていて長持ちだ。
*
Dsc_0490
*
そして当時講演(広島県内の広島市、三原市、呉市、尾道市、廿日市市、福山市、鞆の浦を回った)で持参していたPCに合わせて、肩掛けのショルダーバッグを作ってもらったのが次の写真のもの。今でも使用中で帆布の堅牢度は高い。
*Dsc_0480
オレンジの手作り帆布のバックに感謝を込めて15,000円をお支払いした。とてもリーズナブルな価格だ。
Dsc_0482
パソコンは立てて真ん中に収納される
*
出典:NPO法人工房尾道帆布のホームページより
*
瀬戸内海にある港町尾道は、鳥瞰すれば人間サイズの手に取れるような素敵なまちだ。
何度か訪れたが、懐かしくて、NHKのぶらタモリを録画して何回も尾道の町の様子を確認した。
*
郵便局のとなり、商店街の中に工房尾道帆布はある。近くに煮干しの効いたラーメン屋もあった。
*
木織さんはじめ、みなさんお元気かな?
*
オコゼの天ぷらと桂馬の蒲鉾、尾道ラーメンが美味しかった。
*
PS
尾道は乙女の会舟橋さんのふるさとですよね?

私の英国ハリスツイードと岩手県東和町の梅原ホームスパン

私の勝負冬服・英国のスコットランドのハリスツイードと岩手県花巻市東和町のホームスパンによる黒いマフラー。

Dsc_0486_3

同じ羊でもハリスツイードは、機械織のためか、刺し子のように固いがとても温かい。

*

一方黒いマフラーは、日本のホームスパンの母といわれる花巻市東和町の梅原乙子の孫、元東晴山町会長の梅原成郎氏から直に購入したもの。寒い冬には、梅ちゃんの手仕事のこのマフラーが一番温かい。

*

Dsc_0485

*

梅原成郎さん、元気ですか?

鶴の恩返しの話しが今でも一番印象に残っています。あといくつ自分の羽を紡いでマフラーを編めますか?

また遊びに行きます。

*
Dsc_0483
*
☆春よ来い!

2018年3月21日 (水)

Eコマースは一番じゃないと生き残れない、つまらない時代

Eコマースの時代は、一番じゃないと生き残れない時代です。

それは一人勝ちの時代を意味します。

A2
*
我ながら間抜けな話しを一つ
*
ある丁寧な礼状が届きました。
*
しかし表には郵便局に2円を支払いに来てください
*
という付箋がついていました。
*
葉書の郵便料金が62円に値上げしたことを差出人は忘れていました。
*
私は郵便局にその葉書と2円を支払いに行きました。
*
我ながら真面目な性格です。
*
閑話休題
*
2番や3番、4番と多様な自然界に対し、1番以外は生き残れない、つまらない時代になりました。
*
つまらい時代には、コミュニティ・ビジネス(CB)で多足のわらじを履きましょう。そして地域活動から始めればよいのです。何も最初から法人格をとる必要はありません。一人で寂しときは、地域で顔の見える人々と地域の活動やボランティアから始めれば良いのです。
*
地域で活動団体の継続性が求められたり、年金プラスアルファのお金が必要になる時もあるでしょう。そしたらCBを本格的に始めましょう。
*
B1
*
A1
*
C1
*
お手伝いしますよ。

2018年3月17日 (土)

あなたならどうする?日本のこと!日本の総人口は年間40万人の自然減で縮小社会が始まっている

2017年時点で日本の90歳以上の人口は206万人、生活保護受給者も216万人(半分は高齢者)でほぼ同じである。つまり社会的弱者の数が人口229万人の名古屋市規模にまで脹らんでいる、ということを早く国民は気づくべきである。その措置費は3兆8431億円で、国が75%(約2.9兆円)、自治体が25%(約1兆円)を負担している。どこも財政的にはたいへん苦しい状況だ。

20120616saito_1

細内が講師を務めた法政大学大学院での授業風景(コミュニティ・ビジネス論)

20130510_042
*
高齢社会の負の側面はそれだけでない。生活保護給付費3兆8400億円)に医療費(41.5兆円)・福祉介護費(給付費 9.7兆円)を含めると、日本全体で55兆円を超える大変な額だ。
*
2025年には、戦後生まれの団塊世代(約700万人)が後期高齢者の75歳(健康寿命の限界年齢であり、罹患率が急速に高まる年齢)となり、その費用は倍近くになるといわれている。そして、わが国の平均年齢はいまや47歳で世界一だそうだ。
*
あなたならどうする?
*
2013071719_281
*
また2020年には女性の二人にひとり、つまりその半分の人が50歳以上になると言われている。2017年の出生数は94万人で、100万人をすでに切っている。少子化は避けられないのが現状だ。
*
日本の総人口は、年間40万人の自然減で縮小社会がすでに始まっている。
つまり2017年は、出生数94万人ー死亡数134万人=-40万人である。人口減のマイナス40万人とは、横須賀市、岐阜市、宮崎市レベルの中核都市が毎年消滅するということだ。もう少し生活の身近なところに関心を持つべきだろう。
*
あなたならどうする?日本のこと!!
*
20150720_034
エーブルアートを収集中(アーティストは齋藤さん)

2018年3月 6日 (火)

公立図書館がたいへん役に立つことをみなさんご存知ですか?

こうして仕事の企画ものは練られる?

仕事の調べもの、ライフワークの調べものというとき、
遠方にある図書館の書籍まで無料で取り寄せてくれる。
図書館相互の協定によって成立しているという。
たいへん便利なものだ。
*
ちなみに現在公立図書館から借りているものを写真でご紹介しよう。
☆彡
Dsc_0323
FBのお友達・森さんの明治・大正・昭和と続く美人伝ものは、近所のⅰプラザ図書館から取り寄せてもらい、すべて拝読しました。地域誌「谷根千」から人物、特に女性伝ものへの移行は流石です。史伝ものは明治の文豪森鴎外から始まる近代小説ジャンルの一分野。小生も真似してエッセイ風に寄せてみました
*
多根さんはメガネ小売業の3代目オーナー、ヴィンテージを専業とする会社の社長さんでもある。
*
Dsc_0438
有機野菜の宅配事業を作り上げた大地を守る会の藤田さんとは、2003年英国外務省の招きで一緒に訪英して以来の先輩。
*
Dsc_0461 Dscf21882
足利のこころみ学園、ココ・ファーム・ワイナリーの川田創設者とは、1998年講演で訪れた足利商工会議所の帰りに、ワイン債で作られたスパークリングワイン「ノボ」を勧められたとき以来の彼の熱烈ファンだ。写真は法政大学大学院で教えていたころ、引率してワイナリーを訪問。
*
Dsc_0457
アンデルセンは、広島のタカキベカリー創設者高木さんが起こした少しおしゃれなパン屋さん。ヒュッゲなひと時を本を読みながら次世代型店舗でくつろぐ
*
「振り切る勇気」は、ファションメガネの新価格帯で新しいマーケットを創造した田中氏の自伝もの
☆彡
いずれもある目的のもとに公立図書館から集められた書籍だ。私がいま何を企画しようとしているのか、お分かりいただけたであろうか?
*
判明した方のご連絡を待つ!

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »