2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月16日 (月)

NHK大河ドラマ「西郷どん」を見て感じたこと~杞憂ではすまされない昨今

昨日7月15日のNHK大河ドラマ「西郷どん」を見て感じたこと。

江戸末期の薩摩藩は、さまざまな理由で借財が500万両もあった。
*
その借財を黒砂糖の生産を主体に琉球経由の密貿易でしのいだ。
*
そして薩摩藩は、郷士による地域支配体制のため、人口の25%が侍であった(全国平均5%の5倍である)。
*
侍を養うため、農民は8公2民(年貢が80%もある生活で困窮を極めた)の圧政に苦しんだ。
*
通常他藩は4公6民が一般的である。
*
飢饉が起きる度、奄美諸島では、藩命が砂糖専売地域のため食糧に窮し、徳之島では5千人の餓死者を出したという(鹿児島県の経済団体の招きで講演をしたとき、地元の方からその話を聞いた)。
*
これを現代の日本国に当てはめると、65歳以上の高齢者(すなわち年金生活者)は、すでに27%を超え、江戸末期の薩摩藩の扶持侍以上である。
*
その鹿児島から講演依頼が入った。地域経営の様子を「西郷どん」に照らし合わせて見てきたいと思う。
*
さて日本国の借財は、とうとう1000兆円を超えた。
*
しかし企業の内部留保が400兆円(企業の余剰資金)もあり、さらに個人資産が1800兆円(その大半は一部の高齢者と富裕層のもの)ほどあるといわれている。
*
財政バランス上は、借財1000兆<金融資産(400兆+1800兆)=2200兆円となるが、株価の上昇で金融資産の手持ちが増えただけで安心はできない。
*
次に待ち構えているのは、その借財の返済方法だ。
*
2019年秋には消費税が10%になるという。
*
借財を返済していくには、消費税の大幅アップが欠かせない。
*
その数字は、25%を超えるという。いや30%でないと超高齢社会は持たないと言われている。
*
最近、日本列島の各地で激甚災害が多発している。そして毎年の新生児誕生が100万人をきり、94万人の超少子、超高齢の時代。
*
2025年には団塊世代が後期高齢者となり、介護士が38万人も不足するという。
*
薩摩藩の人口に占める侍比率25%よりさらに高い日本の高齢者(年金生活者)の存在がたいへん心配だ。
*
天変地異も江戸末期に似てきた昨今、テレビの大河ドラマを通じて見えてくる薩摩の窮状は、今の日本国の窮状とダブって見えて仕方がない。
*
杞憂だといって、すまされない昨今である。
*
Vcm_s_kf_repr_607x854
*
Photo
*
Kl_5
*
Kl_18

2018年7月15日 (日)

栃木県のコミュニティ・ビジネススクール2003

戯曲米百俵で有名な山本有三(栃木市生まれ、三鷹市名誉市民)も、詩人の相田みつを(足利市生まれ)も、南国奄美の画家田中一村(栃木市生まれ)も、一度は故郷をすてた身だが、人間として故郷はすてがたく、再び心は故郷に戻ってきた。幼少時に受けた苦渋の体験が影響している。それだけ過酷な土地柄、下野の国というところは。逆に横浜生まれの版画家川上澄生は宇都宮宮司と渾名され、その風土を愛した一人だ。
*
我も彼らと同じなり

2003cb

*
*

2018年7月13日 (金)

備忘録的講演会リーフレットのご紹介

かつての講演会リーフレットの紹介です。

2004年9月25日開催の青森県における最初のコミュニティ・ビジネス講演会です。
*
この時は、基調講演をしてきました。
*
*
北の好きな県の一つです。
Dsc_1228

2018年7月 6日 (金)

自分より年下の叔父、叔母の誕生が地域活性化には有効だ

先日東京新宿のホテルで母方の従兄弟会が開催された。小生を始め還暦を超えた従兄弟達が関東各地から集まり、親交を深めた。

Dsc_1188_2

新宿のバスタ新宿(バスターミナル)を望む

従兄弟たちの父母や祖父母の話になり、昔は兄弟が多かった話しになった。一番上の伯父の話し、そして一番末の叔父との年齢の差になった。兄弟が10人を超えると年齢差も20数年の開きが出来てくる。例えば一番上の伯父の子は、その一番下の子よりも年上の場合が出てくる。つまり年下の叔父、年下の叔母の誕生である。
*
いずれも明治、大正にかけて生まれた先人たちは、こうしたことがどこにでもあり、普通のこととしてみんな一緒に育てられた。小生の母方の祖父の兄弟は12人であり、父方の祖母の兄弟は13人もいた。何れも大家族であった。
*
今年明治維新150年だが、明治初期の(壬申戸籍によれば)日本の人口は3,500万人からスタートし、大正8年(1919年)には人口5,500万人まで膨張し、その後1940年には7,250万人、そして現在の2018年には12,650万人と成長の一途を辿ってきたのであるが、すでに人口のピークは過ぎ、下降局面に入っている。それに伴い、たとえば銀行の統合再編やメーカーの生産縮小等が始まっている。
*
地方では自治体や経済面も含めて課題山積であり、生き残りをかけて、その再生・活性化の模索が続いているが、こうした地域活性化には人口の増加が一番の特効薬であり、わが国の明治維新以降の歴史を見ても明らかである。
*
これが我が従兄弟会の結論である。
*
Dsc_0983

2018年7月 4日 (水)

続・6月21日のさいとう工房における私のお話し風景

東京墨田区本所にあるさいとう工房の齋藤省さんから写真の提供を受けましたのでご紹介します。

Img_4750_2

*大野(右側の電動車いすの方)さんとご自身が起業されている車いすの関連商品について、対話形式でお話しが展開されました
Img_0988_2
*大野さんが実際に販売している車いす用付属の商品
Img_4752_2
*多くの電動車いすの方々と意見交換をすることができました
Img_0983
*こうした膝掛けにもなります
Img_1027_2
*こんなにも多くの方々が参加されました

« 2018年6月 | トップページ