« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

人生の転換点を上手くつかむことがプロの生き方だ

いま人生に成功をおさめている人物の生きざまを研究している。

*
その成功への共通点を探究しているといっても良いだろう。
*
彼らも多くの失敗のもとに這い上がって、苦しんだ末に徳を獲得した。やがて王道を得るのである。
*
Vcm_s_kf_repr_832x6245
*
戦国時代の斎藤道三も織田信長も、最初は徳を求めて領国経営をはじめるが、結局は自ら蒔いた種、覇権主義によってその生涯を閉じることになる。
*
成功者(プロ)には必ず人生の転換点がある
*
ある人は、海外視察で出かけたフランス旅行をきっかけに人マネをしない、人と違ってよい、人間は一人ひとり能力が違うことに気づく。彼は、今までの自分が世間に対しても、学校に対しても、周りに合わせることで卑屈になっていた。そんな自分に気が付いたのである。そこから彼の人生、ビジネスは前向きに回りはじめる。
*
もう一人の人生の転換点は、自分の行動に違和感を覚えたある人の話し。競争社会の中で勝者になることを人生最大の目標にしてきた彼は、何をやっても一生懸命に取り組み、大方はその世界で一番になっていった。しかし中年にさしかかると、そうした生き方に疑問を持つようになった。勝者はいずれ敗者になる。覇権主義的な生き方では、先が見えてしまう。自分の心にあった等身大の生き方、競争相手が存在しない、言わば、相手(顧客)の顔がよく見える”徳による行い”に転換しよう、と心に誓ったその日から、彼の行動はまわりの人々に優しくなっていった。
*
三人目のその人は、若いころ始めた事業で、産地までトラックをチャーターしてジャガイモを買い付けに行ったが、売れ残りが出てしまい、近所の八百屋よりも早く痛んでいくのを目の当りにした。農薬や化学肥料を使わない農産物は本物で野性味に溢れたいへん美味しいが、反面傷みやすく、鮮度管理が大切であることを身をもって知ったわけだ。しかし彼はこんなにも美味しい農産物を欲しがる人が大消費地東京にはたくさんいるはずだ、と確信をもって有機農産物の販売事業を本格化したのである。これも彼にとって人生の一大転換点であった。
*
こうして人生の転換点に気づく人は幸せである。一生気づかずに終える人の方が圧倒的に多い昨今である。
*
昭和の時代、若者なら誰もが日本一を目指す風が吹いていた。そんな日本一を目指す八百屋、魚屋、和菓子屋、寿司屋、フランス料理店などが出てこない、活力の乏しい社会(商店街)になってしまった。いま全国各地の衰退する商店街は同じ顔をしたチェーン店ばかりだ。
*
私の転換点:企業の主任研究員を辞して、独立したときに出した書籍が、いまの自分を支えている。仲間の協力もあり、この書籍はおかげさまで13刷りまで版を重ねた。
*
*

2018年8月16日 (木)

NHKテレビドラマ 太陽を愛したひと

8月22日午後10時よりNHK総合で「太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~」の放送があります。

*
Dsc_0084
*
小生、20数年前のオムロン系の主任研究員時代から中村裕、立石一真、井深大、水上勉の生きざまを研究してきました。太陽の家というネーミングも作家の水上勉氏がつけたものです。小生、水上氏の故郷福井県大飯町の一滴文庫で講演した時、水上氏の娘さんとお会いしました。
*
Dsc_1074
別府と京都の太陽の家も仕事で何回か訪問しました。
*
Dsc_1100
*

2018年8月13日 (月)

情報財という魔物が暴走する時代

情報が飛躍的に繫がり、情報財となる時代、アイホンの会社、アップルの時価総額が1兆ドル=110兆円になったとか。わが国の国家予算98兆円をはるかに超える。1企業が世界3位の経済大国の国家予算を誇る日本国を超えるとは何かおかしい。

Dsc_0541_2

そんな馬鹿なと思案してみたが、同様にわが国のEコマース会社を調べて見ると、時価総額1兆円を超えるところも少なからずあり、決して珍しくない。しかしながら、その時価総額があまりにも高すぎるし、そのインパクトによる社会的な代償ははかり知れない。
*
Dsc_1412
*
これが世界規模の本格的な格差社会の始まりで貧富の差を生む根本原因なのかもしれない。現代は、情報財という魔物が暴走する時代なのかもしれない。ウイルスと同じメカニズムだ。
*
171116jis6_01
*日本のものづくりは負けたのか?とても心配だ。アップルに比べたら、その時価総額は微々たるものだ。

2018年8月12日 (日)

総務省の地域情報化アドバイザーも今年で12年目を迎えた

私の総務省地域情報化アドバイザーも今年度(H30年度)で12年目を迎えた。

そして、2018年1月開催の全体会議の集合写真は、久しぶりに前列に着席した。

写真はこちらから⇒「H29advice201801.pdf」をダウンロード

前列でもたまには良いでしょう。

*
Images_9
*
この写真は文章と関係がないのだけど、隅田川に架かる厩橋のこのフォルムが好きで掲載
*
全体会議の開催が1月で寒い時期だから良いでしょう。
*
酷暑のみぎり、雪景色を愛でる楽しさかな。
*

2018年8月 9日 (木)

私の歴史スペクタル

過去のブログに掲載した私の歴史観を一堂に集めてみました

写真は、長井斎藤、井上家の家系図(元・旗本井上家で写す、元禄時代のもの)
*
Img_2828
*
*右端に斎藤山城守道三の名前が見える。長井隼人正には3人の息子がおり、井上3兄弟としてその名前が上段にある。斎藤道三には、19人の子供がいたという。信長室という道三の娘、濃姫・帰蝶の名前も見える。

*

1.あなたの先祖にあの有名な歴史的人物がいるかもしれない

 http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-9eed.html 

*

S_3

*斎藤道三肖像画は娘の濃姫が斎藤家の菩提寺に寄贈したもの
*
2.今昔物語、芋粥をご馳走するご先祖様とは?

20150210_031_2

*金沢駅の戦国武将・前田利家の画像

.直参旗本の生活経済学

http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-634f.html

4.われ森鴎外の史伝にならい、わが家の女系史伝をなさんとほっす   http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-da30.html

*
5.森鴎外へのアンサー編「わが家の『伊沢蘭』に続く女系図物語」
*
6.将軍秀忠妻お江と親戚関係にあった井上時利
*
7.旅のブログ700回記念、江戸の歴史は白い
*
8.武家の慣習が今も生き続ける日本の役所
*
9.戦国武将長井道利の真実、ついに過去帳を発見
*
10.私のご先祖探しはつづく、どこまでも
*
Photo
*
11.大政奉還から150年、武家の商売はその後うまくいったのか、岡山奉還町商店街
*
12.岡山県倉敷市の楯築弥生墳丘墓の謎に迫る
*
13.司馬遼太郎が著したスズカケの木の歴史観は終わったか?
*
14.戦国武将長井道利の義父?稲葉良籌について
*
15.日本史オムニバス、長井忠左衛門のこと
*
0905
*中国北京の紫禁城前にて
*
16.地域の歴史風土と先祖の生きざま
*
17.ルーツ探しとコミュニティ研究
*
18.尾張名古屋は人でもつ
*
19.美濃の国を行く、道三ゆかりの地
*
20.墨田の葛飾北斎
*
21.私の仕事は一期一会を地で行く寅さん稼業
*
S20151118_025 .
*岐阜県関市の関城にて
*
201309_007
*前九年後三年の役に出陣する源義家を称えた銅像(武蔵国一宮へ戦勝祈願したと伝わる)
085
*縄文の亀ヶ岡式土器や遮光器土偶は素晴らしい日本の文化(青森県つがる市のJR東日本木造駅)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »