2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 総務省の地域情報化アドバイザーも今年で12年目を迎えた | トップページ | NHKテレビドラマ 太陽を愛したひと »

2018年8月13日 (月)

情報財という魔物が暴走する時代

情報が飛躍的に繫がり、情報財となる時代、アイホンの会社、アップルの時価総額が1兆ドル=110兆円になったとか。わが国の国家予算98兆円をはるかに超える。1企業が世界3位の経済大国の国家予算を誇る日本国を超えるとは何かおかしい。

Dsc_0541_2

そんな馬鹿なと思案してみたが、同様にわが国のEコマース会社を調べて見ると、時価総額1兆円を超えるところも少なからずあり、決して珍しくない。しかしながら、その時価総額があまりにも高すぎるし、そのインパクトによる社会的な代償ははかり知れない。
*
Dsc_1412
*
これが世界規模の本格的な格差社会の始まりで貧富の差を生む根本原因なのかもしれない。現代は、情報財という魔物が暴走する時代なのかもしれない。ウイルスと同じメカニズムだ。
*
171116jis6_01
*日本のものづくりは負けたのか?とても心配だ。アップルに比べたら、その時価総額は微々たるものだ。

« 総務省の地域情報化アドバイザーも今年で12年目を迎えた | トップページ | NHKテレビドラマ 太陽を愛したひと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。