2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« CB総研の使命、イノベーションコミュニティを日本各地に普及させること | トップページ | 総務省の地域情報化アドバイザーも今年で12年目を迎えた »

2018年8月 9日 (木)

私の歴史スペクタル

過去のブログに掲載した私の歴史観を一堂に集めてみました

写真は、長井斎藤、井上家の家系図(元・旗本井上家で写す、元禄時代のもの)
*
Img_2828
*
*右端に斎藤山城守道三の名前が見える。長井隼人正には3人の息子がおり、井上3兄弟としてその名前が上段にある。斎藤道三には、19人の子供がいたという。信長室という道三の娘、濃姫・帰蝶の名前も見える。
*

1.あなたの先祖にあの有名な歴史的人物がいるかもしれない

 http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-9eed.html 

*

S_3

*斎藤道三肖像画は娘の濃姫が斎藤家の菩提寺に寄贈したもの
*
2.今昔物語、芋粥をご馳走するご先祖様とは?

20150210_031_2

*金沢駅の戦国武将・前田利家の絵

.直参旗本の生活経済学

http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-634f.html

4.われ森鴎外の史伝にならい、わが家の女系史伝をなさんとほっす   http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-da30.html

*

5.森鴎外へのアンサー編「わが家の『伊沢蘭』に続く女系図物語」
*
6.将軍秀忠妻お江と親戚関係にあった井上時利
*
7.旅のブログ700回記念、江戸の歴史は白い
*
8.武家の慣習が今も生き続ける日本の役所
*
9.戦国武将長井道利の真実、ついに過去帳を発見
*
10.私のご先祖探しはつづく、どこまでも
*
11.大政奉還から150年、武家の商売はその後うまくいったのか、岡山奉還町商店街
*
12.岡山県倉敷市の楯築弥生墳丘墓の謎に迫る
*
13.司馬遼太郎が著したスズカケの木の歴史観は終わったか?
*
14.戦国武将長井道利の義父?稲葉良籌について
*
15.日本史オムニバス、長井忠左衛門のこと
*
16.地域の歴史風土と先祖の生きざま
*
17.ルーツ探しとコミュニティ研究
*
18.尾張名古屋は人でもつ
*
19.美濃の国を行く、道三ゆかりの地
*
20.墨田の葛飾北斎
*
21.私の仕事は一期一会を地で行く寅さん稼業
*
22.この国の”魔の風体”、すなわち魔風の意味を考える
*
201309_007
*前九年後三年の役に出陣する源義家を称えた銅像(武蔵国一宮へ戦勝祈願したと伝わる)
085
*縄文の亀ヶ岡式土器や遮光器土偶は素晴らしい日本の文化(青森県つがる市のJR東日本木造駅)

« CB総研の使命、イノベーションコミュニティを日本各地に普及させること | トップページ | 総務省の地域情報化アドバイザーも今年で12年目を迎えた »

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。