« 鹿児島の経済、文化を探究する | トップページ | 天文館の鹿児島商工会連合会の情報発信基地 »

2018年11月 3日 (土)

鹿児島における椋鳩十さんの足跡を知る

元鹿児島県立図書館長・動物文学作家・椋鳩十(長野県喬木村出身)の愛したうなぎ屋でうな重を堪能してきました。

Dsc_0203

彼の代表作「片耳のおおしか」「大造じいさんとガン」などが、小学校の教科書に収録。

屋久島の鹿を題材にした片耳の大鹿は、子供の観察眼を養う。
Dsc_0328
椋鳩十がかって勤務していた鹿児島県立図書館・館長室(今は県立博物館)に、特別に入室が許され、館長室で記念写真を撮ってもらいました。
館長室の背景の絵は、桜島の大正年間の大噴火だそうです。
*
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、木、夜、植物、屋外
細内 信孝

行ってきました鹿児島へ。食べてきました山形屋食堂の焼きそばを。地域づくりの話しをしてきました鹿児島国際大学附置地域総合研究所で。学んできました西郷どんの『敬天愛人』を。

« 鹿児島の経済、文化を探究する | トップページ | 天文館の鹿児島商工会連合会の情報発信基地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。