2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 私の気になった一枚のポスター408回、茨城県水戸市(2005年) | トップページ | 女性の地域リーダーが商店街を変える! »

2019年6月24日 (月)

最近町会、自治会が取り組んでいる副業?は、チャリティなのだ

CBの最新ニュース

最近の町会、自治会が取り組んでいること。

それは、超高齢社会を迎え、独居老人が増えてきたことによるお助けだ。

買い物にも行けない。外出が億劫になってきた。

ゴミ出しや電球の交換も困難になってきた。だれかやってくれないかな。

そんな要望に商店街や中学校PTAも動き出す。

Dsc_1514

*画像をクリックすると拡大します

Dsc_1515

*

老夫婦の耕作放棄地を町会、自治会が借り上げ、市民農園として有料で貸し出したり、

コミュニティガーデンとして町中を花いっぱいにし、とうとう花のテーマパークにして入場料を取り出した。

Dsc_1588

さらにはトマトを子供たちと一緒に植え、収穫したトマトを農協を通じて企業にも売りだした。

こうしてコミュニティも自立、副業の時代を迎えている。

コミュニティの商業(ビジネス)も英国ではチャリティなのだ。

そこでの収益はみんなのために使うからだ。

*画像をクリックすると拡大します

 

 

« 私の気になった一枚のポスター408回、茨城県水戸市(2005年) | トップページ | 女性の地域リーダーが商店街を変える! »

細内信孝のコミュニティ・ビジネスワールド」カテゴリの記事