« 潮目が変わるとき、何かが起こる | トップページ | あの人の心に残る珠玉の一言その3 »

2019年10月 4日 (金)

あの人の心に残る珠玉の一言その2

60歳を超えると、若いときに先輩諸氏から頂いたアドバイスが蘇えってくる。

小生、2001年にはじめてNHK教育の「21世紀ビジネス塾」に2話連続のコミュニティ・ビジネスの解説でテレビデビューを果たした。

Book10

☆藤田さんとの対話が収録され、本になったもの

*

その時の司会者が、NHKアナウンサーの藤田太寅さん。藤田さんから『テレビでは、司会者とのやりとりはなるべく短く、30秒から40秒で、長くても60秒で自分の考えをコンパクトにまとめ、すぐに司会者に戻すこと。』とアドバイスをいただいた。

その2話の番組は無事収録が済んで放送が成されたが、しかし、その翌年のNHK総合の「クローズアップ現代」には活かしきれなかった。コミュニティ・ビジネス特集の解説者として出演したが、司会の国谷さんからの問いに2分30秒近く一人で話しをしてしまい。藤田さんからの珠玉の一言を活かしきれなかった。クロ現は生放送で、撮り直しのきかない番組だったのだ。放送終了後、番組の制作統括者からウイットの効いたお言葉をいただいた。『後半の対話部分は良かったですね。』と、思わず顔が赤面する小生であった。生放送であがってしまったのである。

Cbmanagement

☆その後、NHKのテレビ番組には、30本ほどの番組に出演する機会を頂いたが、藤田太寅さんのアドバイスをいつも胸に秘めて番組に臨んでいる。

そしてNHKのテレビといえば、失敗談が1つ。2000年代に『難問解決!ご近所の底力』というバラエティー番組が8年くらい続いたが、後半にMCが堀尾さんから和田アキ子さんに代わった。

当時小生は年に2~3回くらいの頻度で、まちの専門家として呼ばれていたが、その回は、和田アキ子さんの隣りでコメントを述べる立場にあったが、つい和田さんに圧倒され、あがってしまったのか、少し寡黙になってしまった。テレビ番組の収録は無事終了したが、積極性が足らなかったのか、担当の女性ディレクターから、『いつもとちがいましたね、どうしましたか?』と言われてしまった。

我ながら先入観に縛られ、意外にも小心者である自己という存在に気づいた。『人を先入観で捉えてはいけない』という重い教訓を得たわけである。次は失敗を繰り返さないぞ、と強く心に誓った次第である。

Img_0635

☆彡

« 潮目が変わるとき、何かが起こる | トップページ | あの人の心に残る珠玉の一言その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事