« 佐野訪問シリーズ2:司馬遼太郎の作家生活への原点に立つ | トップページ | 「鶴瓶の家族に乾杯」岐阜市編の岡本太郎右衛門家の460年続く稼業の秘訣とは? »

2020年1月27日 (月)

佐野訪問シリーズ3:安藤勇寿「少年の日」美術館

佐野訪問シリーズ3:安藤勇寿『少年の日』美術館へゆく。画家の安藤さんと談笑しましたが、一緒に写真を撮るのをつい忘れてしまいました。子供のころ、ここの火の見やぐらに登ったことを思い出しました。ここは私の少年の日の現場です。

☆安藤さんの絵本より紹介

Dsc_0003Dsc_0004

*安藤さんは油性の色鉛筆で作画をします

Dsc_0035_20200127163301Dsc_0039

*安藤さんの美術館は佐野市御神楽にあり、御神楽という地名もロマンを感じます

Dsc_0051

かつてここに田沼町役場があり、県の出先機関もあり、当時は賑やかでした

☆彡

 

« 佐野訪問シリーズ2:司馬遼太郎の作家生活への原点に立つ | トップページ | 「鶴瓶の家族に乾杯」岐阜市編の岡本太郎右衛門家の460年続く稼業の秘訣とは? »

旅行・地域」カテゴリの記事