« CB総研出版部発行の書籍を読みたいという方へ | トップページ | 明治維新とは、士農工商がくずれ、ほぼみんな平等?になった »

2020年4月23日 (木)

オムロンの立石義雄さんのご逝去を惜しむ


私は、26年前になるが、オムロングループの生活文化の研究所研究課長として7年間在籍していたことがある。当時立石義雄さんがその研究所の会長を務めていた。
*
私のコミュニティ・ビジネスの根幹には、立石義雄さんのベンチャー精神とソーシャルニーズの事業化がある。また「オムロンは理念先行型の企業コンセプトで行く」という言葉が印象に残っている。このオムロンイズムが、私のその後(独立後)のコミュニティ・ビジネス論(理念先行型コンセプト)の構築にインパクトを与えている。
*

*
私の最初の書籍「コミュニティ・ビジネス」(中央大学出版部 1999年発行)は、立石義雄さんに直接手渡ししたが、今でもその時の言葉を覚えている。『ありがとう、がんばれよ!』と。
*
豪放磊落の人だった。
*
ご冥福をお祈りする。
*
合掌

« CB総研出版部発行の書籍を読みたいという方へ | トップページ | 明治維新とは、士農工商がくずれ、ほぼみんな平等?になった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。