2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« CB総研出版部発行の書籍を読みたいという方へ | トップページ | 明治維新とは、士農工商がくずれ、ほぼみんな平等?になった »

2020年4月23日 (木)

オムロンの立石義雄さんのご逝去を惜しむ


私は、26年前になるが、オムロングループの生活文化の研究所研究課長として途中入社し、7年間在籍したことがある。当時立石義雄さんがオムロンの21世紀戦略を考える研究所の会長を務めていた。入社のきっかけは、立石義雄著『最適化社会へ』PHP研究所 1993年10月を読んで感銘を受け、立石さんへ手紙を書いたことに始まる。
*
私のコミュニティ・ビジネスの根幹には、立石義雄さんのベンチャー精神とソーシャルニーズの事業化がある。また「オムロンは理念先行型の企業コンセプトで行く」という立石会長の言葉が強く印象に残っている。このオムロイズムが、私のその後(独立後)のコミュニティ・ビジネス論(理念先行型コンセプト)構築に大きなインパクトを与え続けている。
*

演台に立つ細内の国際招待講演での一コマ
*
私の最初の書籍「コミュニティ・ビジネス」(中央大学出版部 1999年発行)は、当時HRI会長であった立石義雄さんに直接手渡したが、今でもその時の最後の言葉を覚えている。『ありがとう、次もがんばれよ!』と。
*
自称同志社大学能学部出身の豪放磊落の人だった。
*
ご冥福をお祈りする。
*
合掌

« CB総研出版部発行の書籍を読みたいという方へ | トップページ | 明治維新とは、士農工商がくずれ、ほぼみんな平等?になった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。