2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 第1399回の細内ブログ そろそろ足るを知ったらどうか?地域で足るを知る経済、コミュニティ・ビジネス | トップページ | 第1401回細内ブログ、環境コミュニティ・ビジネスをもう一度考える昨今 »

2020年8月 1日 (土)

第1400回の当ブログ達成記念 8月1日発行、細内信孝著「コミュニティ・ビジネス研究」CB総研出版部

とうとう当ブログが、1400回を迎えました。

13年を要していますから年間100回のブログアップになります。

本日は、良い話しを一つ、当社出版部は8月で満1年になりますが、4冊目の書籍が本日印刷所から届きました。

その表紙がこれです。

表紙は東海林さんが制作してくれました。どうですか?シックです。 

Dsc_0089

左から「人にやさしい仕事」、「新版地域を元気にするコミュニティ・ビジネス」、「美濃斎藤氏に繋がる藤姓井上家の女系史伝」、そして今回の「コミュニティ・ビジネス研究」の揃い踏みです。

少し紹介です。

はじめに

当書は、細内信孝が1994年から2020年まで、すなわちヒューマンルネッサンス研究所の研究課長・主任研究員である2001年までの時代、そして独立して設立したコミュニティビジネス総合研究所の代表取締役所長の時代までの四半世紀にわたるコミュニティ・ビジネス研究の啓発・普及活動に関する記録書である。

また当書は、細内信孝が全国各地の現場のコミュニティで取り組んできたコミュニティ・ビジネスの講演会や起業講座(合計で3,000回に及ぶ)に関するドキュメントであり、これからの若い世代に託す、持続可能な地球の在り方や活気あふれる地域コミュニティづくりへの新たなメッセージとして取りまとめたものである。こうした26年間にわたる啓発・普及活動の足跡が、若い世代の方々のお役に立てれば研究者として望外な喜びである。

コミュニティビジネス総合研究所代表取締役 細内信孝

« 第1399回の細内ブログ そろそろ足るを知ったらどうか?地域で足るを知る経済、コミュニティ・ビジネス | トップページ | 第1401回細内ブログ、環境コミュニティ・ビジネスをもう一度考える昨今 »

メディア出版」カテゴリの記事