« 赤いチューリップ | トップページ | 我、仕事を通して日本各地の成り立ちと文化、風土を知る »

2021年3月23日 (火)

下野の農民、田中正造翁に見るSDGsの他人事からの脱却

我、身体は五尺足らずの小身だが、心意気はそのまま、義に熱い下野の農民だ(意訳)。

飾らない、問題の本質から逃げない、全身で受け留める田中翁らしい座右の銘だ。

写真の説明はありません。

SDGsのない時代、足尾、渡良瀬川流域、谷中村の再生復活を訴え続けた元衆議院議員の農民・田中翁の扇面だ。

Dsc_0506

彼の葬儀には近隣の農民3万人が参加したという。

Dsc_0507Dsc_0508

きれいごとではなく、こうした身近な事例からSDGsを話していこう。

例えば、みんなで21世紀の足尾わたらせ環境博をやってんべ

⇒ http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-e69c.html

☆彡

« 赤いチューリップ | トップページ | 我、仕事を通して日本各地の成り立ちと文化、風土を知る »

地域」カテゴリの記事