« 自由学園で学んだ先輩たちの本物の生き方、仕事の仕方に学ぶ | トップページ | 和暦と西暦の妙技 »

2022年1月26日 (水)

研究テーマが面白ければ、それは芋ずる式に広がっていく、日本のテーマパークを中心に敢えて公開する

1990年代に住信のシンクタンク勤務を経て分かったことを述べてみよう。1991年日本のテーマパーク事業は、当時クライアントから求められた調査研究テーマの一つである。1983年4月15日に東京ディズニーランドが開園してから8年が経過し、我が国のテーマパークの事業性を考察してほしいという要望に基づいて行われたものである。1992年の報告書3月版、9月版と2冊あり、2年度に渡って実施された。クライアントに納品された後、早速研究所の機関誌にその概要記事を書くようにと業務命令が来たが、その結果が次の機関誌である(1993年1月住信基礎研究所発行)。

*写真をクリックすると拡大します

Img_20220126_101832_1Img_20220126_101905

しばらくして研究所の機関誌を見た外部の出版社から原稿依頼がきた。当時は外部への講演や寄稿は、研究所にその謝礼金や印税の半分を納めれば自由にやってよいことになっていた。次の写真の週刊ダイヤモンドへの寄稿は、1993年9月4日号である。

Img_20220126_102037 Img_20220127_113740

そして日本経済新聞社からの取材(上記の黄色の表紙もの)や銀座にあるレジャー&レクパーク関係の出版社からも寄稿の依頼がきた。

それが、次の「レジャーランド&レクパーク総覧1994」の第一章「日本のレジャーランド考」(1993年11月発行)への寄稿である。

Img_20220126_102106Img_20220126_102140

同時期に所属学会からも全国大会(東大阪市の近畿大学にて開催)での発表依頼と掲載された学会誌の論文(当時住信基礎研究所からヒューマンルネッサンス研究所へ移籍をしたばかり)

Img_20220126_102155Img_20220126_104550

以上のように、研究テーマが面白ければ、芋づる式に仕事が舞い込み、全国から寄稿や講演の依頼、そしてコンサルティングの仕事が入ってきたのである。

研究員冥利に尽きないこととは、この芋づる式の仕事のことで、次(1994年6月より)の移籍先の研究所(オムロン系の生活文化研究所)では、”コミュニティ・ビジネス”が地域を元気にするというテーマとなって、大きな花を咲かすのであった。

☆彡

« 自由学園で学んだ先輩たちの本物の生き方、仕事の仕方に学ぶ | トップページ | 和暦と西暦の妙技 »

細内所長の仕事の仕方(細内メソッド)」カテゴリの記事