« 私も若い | トップページ | 長野県小諸市民大学主催「地域を豊かにするコミュニティ・ビジネス」1996年 »

2022年12月 4日 (日)

実録:社会を変える『人にやさしい仕事』6輪電動車いす

12月4日の日曜日に稲城市の若葉台公園を散策していたら、偶然にも、さいとう工房(東京都墨田区本所、斎藤省社長)の6輪電動車いす・レルのユーザーさんに会いました。

Img_20221204_161625

開発の経緯を知っていたので6輪が欲しかったというユーザーさんの言葉にたいへん感動しました。許可を得て写真を撮らせていただきました。

*6輪車いすの特徴として、回転半径が4輪の車いすより短くなります。よってマンションなどのエレベーター内で向きを変えることが可能となります。まさに高齢社会の日本にとって、今後ますます必要なアイテムになります。

社会を良い方向へ変えるとは、こういうことですね。

6輪電動車いすの特許を取った斎藤省さんの仕事は、まさに人にやさしい仕事です。

*人にやさしい仕事は、思いやりの心と技術の進歩により、私たちの社会を間違いなく良い方向へ変化させます。


アマゾンから電子書籍が出ています。

よかったらご高覧ください。

細内のFBと同時配信

« 私も若い | トップページ | 長野県小諸市民大学主催「地域を豊かにするコミュニティ・ビジネス」1996年 »

細内所長のコミュニティ・ビジネス探究」カテゴリの記事