« 持続可能な地域コミュニティとは | トップページ | さあ―大変だ。新聞の発行部数が減っている »

2024年5月21日 (火)

14年後の親指腱鞘炎とICT罹患

2010年ソウルの社会的経済の国際会議に招待され、基調講演をしたときに、世界に誇る韓国ICTを目の当たりにした。

Photo_20240521213001           

携帯電話のテザリングを利用し、私の講演内容を韓国語、英語と同時翻訳し、会場掲示板に映写していた。このシステムはまさにテザリングの効用そのものである。


CB総研 コミュニティ・ビジネスと社会起業家 (hosouchi.com)

私は帰国すると、すぐにアイホン4を購入したが、わが国では当時テザリングは規制対象で使えなかった。電車車両でアイホン4を使っていた人がまだ2~3人しかいない時代でガラケー携帯が主流だった。


あれから14年が経過し、私はとうとう親指の腱鞘炎になってしまった。時代を象徴する病に罹患したのである。誠に皮肉なものである。

☆彡

« 持続可能な地域コミュニティとは | トップページ | さあ―大変だ。新聞の発行部数が減っている »

細内所長のコミュニティ・ビジネス探究」カテゴリの記事