旅行・地域

2018年11月 4日 (日)

天文館の鹿児島商工会連合会の情報発信基地

全部漢字表記がいい!かもね。

鹿児島特産品市場

Dsc_0210

天文館の商店街の中にある

Dsc_0199

かば焼きに肝もいける

Dsc_0222

シロクマ?

Dsc_0208_2

鹿児島のどこの産地か、ブランド化するとさらに良し

2017年7月24日 (月)

瀬戸内の牛窓で夏風と緑陰珈琲を喫す

瀬戸内海が両手いっぱいに広がる小高い丘にオリーブの木が2千本もある。遠き日の夏風に想いをはせ、緑陰で珈琲を味わう。

Img_4227_2
遠くにはヨットハーバーが見える
Img_4228_2
そして正面には小豆島が見える
Img_4236_2
グッドタイミングの冷珈琲で身も心もクールになる
Img_4255
通過する唐(加羅)の通信使に地元の子供たちも踊りだす
Img_4272
今も江戸時代もパレードには人が集まる
Img_4278
古代からの風待ち、潮待ちの牛窓港、ぜひまた訪れたい
*

2016年12月13日 (火)

思い出のひょうきん写真(完州編)

今回は、韓国の完州講演旅行におけるひょうきん写真です。

Simg_1766_1
羽田空港のラウンジで先月にひき続き、またまたらっきょうカレーとビールで乾杯する。エネルギーを充填し、明日からの講演に備える
*
Simg_2264
完州社会的経済国際ファーラムでの記念写真
*
Simg_1928
障がい者も働いている会社が作った餅入りのパンケーキ
*
Simg_1880
隣り町の全州市の教会前で観光アテンダントさんと記念写真(通訳の李さんが撮る)
*
Simg_2070
触ると牛が鳴きだしたトリックアート。移住者の集落で驚きのまちづくりが。
これもいいね!
*
20161207cb
*完州CBセンターの孫さんと記念写真。彼はとてもひょうきんだ。

2016年8月17日 (水)

総務省の地域情報化アドバイザーとして

全国津々浦々で行われる細内所長の講演・セミナー、助言活動、ワークショップのスケジュールをお知らせします。

今回は、岐阜県下呂市小坂町で行われるワークショップのご紹介です。

8/3、4は、総務省地域情報化アドバイザーとして岐阜県下呂市小坂振興事務所へ伺いました。

9/7、8は、総務省地域情報化アドバイザーとして岐阜県下呂市役所へ伺います

9/20、21は、総務省地域情報化アドバイザーとして岐阜県下呂市役所へ伺います

Img_20160804_102249_2

8/4訪問の岐阜県下呂市小坂町の文科省指定NTC高地トレーニング強化拠点施設(標高1700M)にて、大学生や高校生の合宿中のトレーニング風景。

2016年8月 9日 (火)

東京五輪を睨む文科省指定のナショナルトレーニングセンターを視察しました

岐阜県下呂市ニゴリゴ温泉にある文科省指定のナショナルトレーニングセンターを視察してきました。御嶽山の6合目山麓にあります。

Img_20160804_102329

標高は1708メートルで空気が少し薄い?です。
Img_20160804_103015
アスリートを対象にした本格的な施設です。150名も宿泊できます。
1470317112752
今は高校生、大学生が夏合宿のトレーニング中でした。最近までリオ五輪の強化選手が合宿していたそうです。
Img_20160804_102249
御嶽山の6合目にあり、体育館や低酸素トレーニング施設もあります。ここでは専門のトレーナーが指導してくれます。近くには岐阜県出身の高橋尚子さんロードもありました。
Img_20160804_102053
2015年北京世界陸上の事前合宿で英国のナショナルチームが当地で強化合宿をしていました。東京2020の事前合宿には最適でしょう。現在、問い合わせも入りつつある?と伺いました。
Img_20160804_103711
宿泊施設内にある浴室は、ニゴリゴ温泉からの天然かけ流しのいい湯です。空気に触れて茶褐色に変わります。
Img_20160804_105045
館内には、用心棒のくまくんがおりました。正直びっくりしました。しかし、いつまでたっても動きません。群れに帰れず、かわいそうにと思いました。
Img_20160804_104153
そして今回仕事の合間に岐阜城に登城しましたが、『美濃を制する者は、天下を制す。』の言葉どおり、まさに岐阜(稲葉山)城からの眺めは絶景で最高でした。織田信長はなぜ天下布武を唱えたのか、ここに来るとよくわかります。
Img_9751
美濃国は古代から上国で50万石の肥沃の大地です。毎日下から徒歩で上がって来た侍は大変だったでしょう。ここは標高327メートルで東京タワーとほぼ同じ高さです。清流の国岐阜県は天下を知るには等身大の地です。
 

2015年8月18日 (火)

細内所長の旅のブログも遂に601回目到達

今回細内所長の旅のブログも600回をクリアーしたが、我ながら良く続いたものだ。
S20150720_021_3
最近の仕事(講演やセミナー)を旅のブログの予定として、みなさんにご紹介しよう。
その姿を古代国土を拓いた神人・猿田彦(筆者は三重にある伊勢神宮に隣接する猿田彦神社を参拝して以降、とても猿田彦を崇拝している)のように感じるのは私だけか。
これからの細内所長の主な講演先
8月29日~10月4日まで鳥取県倉吉市でコミュニティ・ビジネス塾<全5回シリーズ>(倉吉市主催)を開催します。
近隣の方で関心のある方はご参加ください。今回は女性起業者・その予定者が対象。ただし8/29は公開講座で男性も参加OKです。もちろん参加費無料。
もう一つは、9月8日に岡山県津山市で講演します。
こちらはコミュニティ・ビジネス(CB)に関心のあるかたならどなたでも参加できる(岡山県、美作地域コミュニティ・ビジネス(CB)プラン・コンテスト実行委員会主催)。参加費無料です。
会場でCBに関心のあるみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。
S20150720_025_6

2014年8月29日 (金)

細内所長、山峡を行く

先日南信州での仕事を終えて、長野県の飯田駅からJR東海の特急伊那路に乗りびっくり。名古屋経済圏と地元では言いながら豊橋行きの車両は乗客もまばら。車内の交通広告も豊橋や名古屋近郊のレジャー施設のものがほとんど。東京のものではないのがここ伊那谷の特徴か。それともJR東海の路線エリアだからか。電力も長野県内は中部電力。東京とアンペアが違う。

20140817takagi_123
リンゴをもった少女の像と駅舎の赤がリンゴ色でとても印象的だ

20140817takagi_134
特急伊那路はJR東海が運行するスマートな電車だ

20140817takagi_141
車内はだれもいない。貸切状態だ。セミの鳴き声のみ我が心に響く

20140817takagi_151

天竜川の蛇行に合わせて線路も蛇行する

20140817takagi_153

     山峡を走る電車に我が心は弾む

20140817takagi_161
飯田線は長野県、静岡県、愛知県の3県の山峡部を走る

20140817takagi_179
車掌さんのアナウンスで車中から必死に長篠城を写す

飯田線の2時間30分の旅はあっという間であった。

東京から南信州へのアクセスは特急を利用するならば新幹線ひかりで豊橋から飯田に入るのが便利だ。山峡の眺めは絶景の連続だ。紅葉の季節に訪ねるとさらに良し。

わが国はやはり観光立国を目指すべきだ。

2014年8月 5日 (火)

沖縄やちむんじゃーは益子につながる 

夏台風ー沖縄ー新婚時代に住んでいた濱田庄司の元家

1620880_763401143701025_62356889690

2年半前沖縄に内閣府沖縄総合事務局の招きで講演に行ったとき、スタッフの方に案内していただいた壷屋やちむんの里で見かけた”はましょう”の残照。益子焼の人間国宝・濱田庄司の作風の原点は、壷屋やちむんの里・沖縄にあると実感した。

Dsc01192

栃木県真岡講演(JC主催)の帰りに益子町の旧濱田庄司邸にて

今日も敬愛する濱田庄司の珈琲カップで目覚めの一杯を楽しむ。

2011122123_026

沖縄講演会の終了後、スタッフの皆さんと歓談する。

沖縄では一番の歓待でした。

2014年7月29日 (火)

むかし秘仏いまリニア新幹線が光明をもたらすか

推古天皇の御世、西暦602年ころ信濃国の本田善光という人物が難波の堀江(現在の大阪市)で秘仏を拾ってご当地(飯田市座光寺)に持ち帰り、その秘仏を祀って寺院を建立した(善光さんの名前からその寺は善光寺と呼ばれ、その後いまの長野市へ移転したのでご当地にある元の寺院は元善光寺と称する)のが元善光寺の始まりといわれている。

そして西暦2027年に、ご当地に再び光がさすというリニア新幹線の新駅がこのあたりにできるという。東京からご当地まで現在4時間かかるところがリニア新幹線で40分、またご当地から名古屋まで現在2時間かかるところが20分という地の利になるそうだ。

この時代の流れと科学の進歩に本田善光さんは何をか思うやである。遠い古代が偲ばれる。この辺りは古墳時代中期の古墳が多数見受けられ、古代信濃国の中心の一つであったようだ。

こうしてリニア新駅の設置で、一千四百年を経た今、再び信濃国(南信州)の中心として伊那谷は復活するかもしれない。21世紀の伊那谷バレーは世界に輝く先端科学技術のバレーになっているかもしれない。

20140724_024

これもご本尊様の功徳の顕れかもしれない。

<細内のFBと同時掲載中>

2014年3月10日 (月)

物をもって語れコミュニティ・ビジネス

私の古い情報財の中から湖北町商工会におけるCB講演会の写真が出てきた。講演会終了後の懇親会でわざわざ調達に行かれた”フナ寿し”が大変美味だったのが印象に残っている。琵琶湖湖面に飛来する白鳥と浅井長政のまちであった。(2005)

Dsc01419

琵琶湖に沈む夕陽が、いまでも脳裏に浮かぶ。

Dsc01411

琵琶湖北東部に面する湖北町の商工業者が集結した。女性の参加者がいれば少し状況は変化したかも。

Dsc01458

これも地域資源を活かしたコミュニティ・ビジネスだ。道の駅で販売していたので 帰りに購入したが、商品として出荷できない原材料(ベースのところに小さな穴が空いていたが浅井長政の絵で蓋をしたようだ)をベースにしたもののように感じる。初期段階の コミュニティ・ビジネスは 物をもって語れ だ。

より以前の記事一覧