日記・コラム・つぶやき

2017年11月 4日 (土)

小説家司馬遼太郎が著したスズカケの木の歴史観は終わった

1945年の夏、福田定一青年を癒しの世界に導いたのは、栃木県佐野市で見かけた1本のスズカケの木であった。

司馬遼太郎こと福田定一青年(当時22歳・少尉)は、当時所属していた戦車部隊が駐屯していた栃木県佐野市の植木国民学校で終戦を迎えた。その校庭に生えていたスズカケの木を眺めながら、どうして日本は戦争を始めたのであろうか?日本人はバカな民族ではないはずと自問自答を繰り返しながら、幕末、明治維新以降の日本の歴史を鑑みながら、歴史小説家として、戦後の日本社会の矛盾と対決しながら、孤軍奮闘、必死に生き抜いてきた。

そのことは、自宅を改装した東大阪市にある司馬遼太郎記念館の福田定一の足跡を見れば分かる。

2017年の春に佐野市の植木小学校校庭にあった、そのスズカケの木は倒木の恐れがあるため、という理由によりついに伐採された。

私はそのことを聞くにつけ、これにて福田定一青年こと司馬遼太郎という偉大な小説家が著した一つの日本近代の歴史観が終わったような気がした。いや幕を下ろしたのである。

いま高校の歴史教科書から坂本龍馬の名前が消える方向にあるという。司馬遼太郎が広めた龍馬というわが国近代化の歴史観は、残念ながらその役割を終えようとしている。

それほど今という時代は、インターネット・メディアの発達と世界的な異常気象により、過度な緊張関係をもたらすと同時に、人々はそれに対し、ナーバスな緊張感をもって新しい時代を切り拓こうとしているようだが、貧富の格差はますます広がるばかりだ。

司馬遼太郎こと福田青年は、そうした今の時代をどう思うであろうか、ぜひ本人に聞きたいものである。

2013071719_024

東大阪市にある司馬遼太郎記念館は安藤忠雄の設計

2013071719_022_2

植野小学校にあったスズカケの木の2代目が、東大阪市の司馬遼太郎記念館で今もその命脈を受けつないでいる

f:id:mino38:20171025230137j:plain

*司馬の歴史観と安藤の設計思想がうまくマッチングしているようだ

*私は、数年前、神戸市社協での講演会の帰りに東大阪市まで足を延ばし、初めて司馬遼太郎記念館を訪問した。その場に居合わせた記念館の友の会会長さんと名刺交換をし、彼らの司馬遼太郎への思いを確認した次第である。

2013071719_033_2

2013071719_015

司馬遼太郎の書斎前

2013071719_029

このアプローチが心地よい

2013071719_006

司馬遼太郎記念館は静かな住宅街の一角にある

2017年10月26日 (木)

時間消費型の宮仕え労働が多いため、先端にいる労働者は過労死を招きやすい

有効求人倍率が1倍を超えると、時間給の給与生活者(上司のいる時間消費型労働)が増え、起業家は生まれにくい環境になる。時間泥棒にご注意を!

*
そのことは自力で生きていこうとする真の市民(自分が上司の時間創造型労働)が育ちにくいことを意味している。
*
経済政策も単に有効求人倍率が1倍を超えればよいというものではなく、ハサミと同じように時と場所によって使いわけることが重要である。
*
なお日本は上司のいる時間消費型の宮仕え労働が多いため、先端にいる労働者は過労死を招きやすいのである。
*
2013071719_144
*
2013071719_155
*
2013071719_166
*今も昔も宮仕えはすまじきもの

2017年10月14日 (土)

津端修一さんからの手紙を発見

18年ぶりに、つばたしゅういちさんからの手紙を発見しました。

当時が懐かしい。

Img_5840_3
*
独特の書体文字がとても懐かしい。
*
原文を当方で書き起こすと
*
細内信孝様 1999.6.16
*
お便りありがとうございました
*
ご教示などできません
*
自由時間哲学などありませんし
*
自由時間・自己流を楽しんでいるだけ
*
時間をためて、終わりなき日常をゆたかにしてきただけのこと
*
お金なし
*
貯金なし
*
健康
*
つばたしゅういち 自由時間評論家 前広島大学教授

2017年10月12日 (木)

ある社長の遺言『世の中の潮目を機微にとらえ、チャンスに乗ることが大切』

15年も懇意にしてもらっていた社長が亡くなられたことを新聞の訃報欄で知った。たいへん寂しいものである。2016年2月にお会いしてから、その後しばらく会っていなかった。

最後の面談で、社長の腹の手術跡を社長室で見せてもらった。その真っ直ぐ縦に伸びた腹の傷跡を触るように指示された。それはビジネスという戦場における向こう傷、すなわちビジネスの勲章であるという。

社長(後に年商830億円の業績を上げ、業界トップに躍り出る)は、会社経営の苦境時(社長39歳ころ)に胃潰瘍を起こし、緊急の手術を受けたという。そこで経営者の誰もが、苦境の二つや三つあるものだと諭された。

小さい会社ほど資金がショートしがちで、いつも自転車操業だが、そこを乗り越えない限り会社の成長は望めない。

社長室を退室する際に、当方に向かって「君の会社は増資のチャンスが2回もあったよ」と激励された。

「世の中の潮目」を機微にとらえ、チャンスに乗ることが大切であることも教えられた。それが最後の言葉となった。

ご冥福を祈る

合掌

*

Cbilogo

*

2017年10月11日 (水)

ワンスモア、学芸出版の細内所長インタビュー

細内所長の近著『新版コミュニティ・ビジネス』ですが、一市民として自力で生きていく術としてコミュニティ・ビジネスを紹介しております。

その出版元の学芸出版社の前田社長による細内所長への著作インタビューを下記WEBから見ることができます。
*
ぜひご笑覧ください。
*
なぜ再びWEBインタビューなのかといえば、
*
自力で生きていく、本当の市民を増やさない限り、日本の社会は大きく変わらないからです。
*
2025年の超高齢社会に向けた日本のご維新とは、自力で生きていく本当の市民をコミュニティ・ビジネスで増やしていくことに他ならないからです。
*
Book09

2017年7月20日 (木)

インバンドでホテルも新幹線も満室、満席

岡山県津山市のCB創業スクール(岡山県主催)  講義を行うため、新幹線のぞみ号で岡山県まで行ってきました。ホテルも新幹線もインバウンドで満室、満席とか。気が付けば真夏の連休中でした。

Img_1745_2

仕事の帰りに岡山市烏城周辺を散策してきましたが、あたりは蝉の声でいっぱいでした。
20170716
吉備の桃太郎こと、吉備津彦が退治したのは大陸からやってきた温羅という鬼だとか。白桃は縁起の良い果物で、奈良の三輪山山麓にある巻向遺跡から3,000個も種が出てきたとか。白桃は吉備国から三輪さんへのお中元かも。桃は今が旬です。
Img_1784_2
今週もまた岡山に帰ります。

2017年7月 7日 (金)

健康寿命と製品寿命に合わせて生活しよう

町づくりでも、健康寿命が話題になっている。

後期高齢者手前の74歳がその分岐点であるといわれている。
*
単に年齢の分布から語れるものではないが、少子高齢化社会のいま、町づくりには健康寿命を伸ばす施策が欠かせないだろう。
*
そうした施策の一つにコミュニティ・ビジネスがあることは間違いない。
60歳を超えても、例えば緩やかに週4日ほど働く場が地域コミュニティにある。社会参加の場としてのコミュニティ・ビジネス(地域活動やボランティアも含む)にはそうした役割・機能がある。
*
そして製品寿命についても、使い捨ての消費文化はもうやめたほうが良い時代だ。
例えば、私の経験則だが、数千円の安い自転車は、3~5年の製品寿命だ。一方フレームなどがしっかりした数万円クラスの自転車は、メンテナンスさえすれば10年以上の製品寿命があった。町の自転車屋さんも仕事になったものだ。
*
同じように眼鏡も同様だ。数千円の安いメガネの製品寿命はおおむね3年ほどだが、フレームなどがしっかりした眼鏡はメンテナンスさえ毎年すれば、10年以上はその使用に耐えられる。現に私の眼鏡は10年以上のものを3本ほど、使いまわししながら活用している。
*
少子高齢化社会の生活態度とは、上記の自転車や眼鏡のように本物製品をメンテナンスしながら長く使うもので、町づくりにもそうしたことに配慮した施策やハードを導入すべき時機で右肩上がりの経済成長は必要のない時代なのだ。
*
0271

2017年7月 6日 (木)

ドイツ文学者の子安先生を悼む

東京千駄ヶ谷のCB総合研究所で7月4日の夕刊に目を落としていたら、訃報欄にドイツ文学者で早稲田大学名誉教授の子安美知子先生の訃報に接した。

*
20年前になるだろうか、私は当時メーカー系の研究所でドイツのエコロジー研究とシュタイナー思想について研究をしていた。そして訪独前にお話しを聞きに行ったのが、子安先生であった。日本におけるシュタイナー研究の第一人者であった子安先生とシュタイナー学校に実際通われたことのある娘さんから直接お話を聞く機会を得たのである。小田急線沿線にあったご自宅で丁寧なご説明を受けたのが今でも脳裏に残っている。
*
訪独時に子安さんからガイドを受けたミュンヘンのシュタイナーシューレを実際に訪問し、世界中に800校もあるというシュタイナーシューレの存在意義を確認したのである。その後、スイスのドルナッハにある本部も訪問し、人智主義の生活との一体化を自分の眼で見い出したのである。先人の知恵とご指導に感謝である。
*
子安先生のご冥福をお祈りする。合掌
*
Img_1303

2017年6月26日 (月)

コミュニティ・ビジネスの研究一筋、23年間を振り返る

 おかげさまで20回目のコミュニティ・ビジネス・ネットワークの総会が学士会館でありました。


20年は一つの節目ですが、私自身たいへん嬉しいです。
19490212_1301322433315048_1422228_2 19496392_1301322536648371_1202702_3
☆彡
 一つのことを23年間やり続けること。しかも、それを仕事にすることができ、望外の喜びです。
*
2011okinawa1
☆沖縄県那覇市にて(内閣府主催の講演後の懇親会にて)
*

2017年5月29日 (月)

読書家与謝野馨氏を偲ぶ

明治の後期に「君死にたまうことなかれ」と戦場に向かう弟への愛情を歌にした女流歌人与謝野晶子の孫にあたる政治家与謝野氏が逝去された。私には政治家というよりも読書家としての与謝野氏の印象が強い。

彼は本を求めて神田神保町界隈をよく散策されていたらしい。私も本好きでよく神保町の古書店へ足げく日参したが、一度だけ与謝野氏と遭遇したことがある。

*
あれは10年前になるだろうか。神田神保町の三省堂書店本店のたしか4階だろうか、ローマ関係の本を探していたとき、接触してきたスーツ姿の紳士がいた。彼も西洋関係の書籍を探していたのであろうか。相互に肩が触れたが、与謝野さんの方から「どうも失礼しました!」と声をかけてきた。あのだみ声とメガネの笑顔がとても印象に残る御仁であった。
*
ご冥福をお祈りする。合掌
*
044_2
*
042
*
20120928_034
*

より以前の記事一覧