2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

細内信孝のコミュニティ・ビジネスワールド

2017年12月 8日 (金)

当ブログ800回達成を記念してCB総研のミッションをご紹介します

コミュニティビジネス総合研究所(CB総研)のミッション


1) コミュニティ・ビジネス(CB)を活用し、自力で生きていく本当の市民(独立して意見の言える中間所得層)を作っていくために、コミュニティ・ビジネスの普及活動に取り組んでいます
   
2) 地域で生活に関する自己決定権を地域内に取り戻すために、コミュニティ・ビジネスを広めています

3) 持続可能なコミュニティを維持、発展させるために、コミュニティ・ビジネスの普及活動を行っています


CB総研はコミュニティ・ビジネスの手法で地域課題を解決するための講演セミナー、講師派遣、コンサルティング、研究開発の事業を行っています

C005_3

2017年12月 6日 (水)

799回コミュニティ・ビジネスとソーシャルビジネスの違いを再び問う

ソーシャルビジネス(SB)は、主に都市型ビジネスで都市の諸問題解決にビジネスで取り組みますが、インターネット等の活用で必ずしも相手の顔が見えなくても成立します。そして時には革新的なビジネスを生み出すこともあります。一方、コミュニティ・ビジネス(CB)は、主に地域コミュニティの諸問題解決にビジネスで取り組みますが、その基本は人と人、人と地域・自治体、人と企業を結ぶ人間主体の相互扶助的なビジネスです。ソーシャルビジネスとコミュニティ・ビジネスは重なる部分が大きいというのもその特徴です。それは都市部でも地域コミュニティが存在するからです。ソーシャルビジネスの事例は、都市部における有機野菜の販売事業や病児保育の共済事業、クラウドファンディング事業などです。これらは地方でも、山間地・過疎地では成立しにくいビジネスです(クラウドファンディングはどこでもできるが、その立地は主に都市部にある)。一方コミュニティ・ビジネスの典型的な事例は、長野の過疎地における郷土食おやきの製造販売や徳島の葉っぱビジネスなどが上げられます。これらは過疎地における地域資源の高度利用とICTの利活用、高齢者の有効活用等による地域活性化を狙ったコミュニティ・ビジネスの好事例です

私が当ブログを通じてCBSBの違いを指摘したものに下記のものがあります。現場で混乱しているので再び紹介します。

2014年4月24日 (木)

コミュニティ・ビジネス(CB)は、顔の見える地域コミュニティの諸問題を等身大のビジネスで解決するもの。

ソーシャル・ビジネス(SB)は、広く一般社会の諸問題を積極的なビジネスで解決するもの。

CBとSBは重なる部分も多いが、地域社会という人が住み、交流するコミュニティ(バーチャルも含む)をベースに考えると、意外に相違点も少なくない。

これが、私の30年近くコミュニティの現場を歩いてきた実感だ。

ソーシャル・ビジネス(SB)の事例:MODECO

大都市から出る廃材を再利用して作るオシャレなバッグやカバン

S201404_010

消防士の着古した防火服も再利用で新しいカバンに変身

(販売者の許可を得て撮影)

2016年3月14日 (月)

CBとSBにまつわる危機意識

CBとSBは同じだと勘違いしている人が少なくないが、厳密には違う。

一般論だが、地域・住民を意識したビジネスモデルがCB(地域課題に特化))で、住民がいなくても(地域に特化しなくても)第3者による課題解決のビジネスモデルを作れるのがSBだ。
一般人にCBとSBは同じだといっても許せる(重なる部分が多いのも事実)が、言葉の意味を磨く学問の世界まで巻き込むのはお門違いではあるまいか。研究者として強い危機意識を感じている。
<言葉の意味>
ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)
ついて

2017年12月 3日 (日)

コミュニティ・ビジネス・ネットワークの設立20周年記念シンポジウムが開催されました

2017年12月2日(土)15時から20時まで東京都渋谷区千駄ヶ谷の花屋さんでコミュニティ・ビジネス・ネットワークの設立20周年記念シンポジウムが開催されました。
*
スタートは、林泰義さんと一緒に始めたコミュニティ・ビジネス(CB)研究のはじまりを細内より会場の皆さんに紹介し、それから林さんと細内の対談形式でCBの意義や意味、まちづくりにおけるCBの役割など、予定の30分という時間枠を超えて45分間にわたり熱弁が展開されました。
*
今から20年前といえば、林さんは61歳、細内は40歳でした。アメリカのコミュニティ開発法人(CDC)やレバレッジ効果の話など、懐かしい話に会場からも感嘆の声が上がりました。
*
思えば1997年3月にCBNを立ち上げ、気がつけば22冊のCB関連本を仲間と上梓し、日本の津々浦々までCB普及のための講演や講座、ワークショップで巡回し、さらには7つの大学・大学院で非常勤教員を15年間勤め、また英国外務省からの招待や韓国政府機関からの招聘講演(4回)を受け、無我夢中で頑張ってきた20年間でした。
*
久しぶりに林節に触れ心が熱くなりました。林さん、お疲れ様でした。
*
*
☆当日パネラーで出演した斉藤主税氏のコメントを転載
昨日は東京・原宿でコミュニティ・ビジネス・ネットワーク設立20周年記念フォーラム。「コミュニティ・ビジネス」という概念・言葉が生まれ、日本に紹介されるようになってから約四半世紀。前職のbossである林 泰義さんが海外事例を参考にして根幹となる概念を打ち出し、それを細内 信孝さんが理論化して発表したことが、コトの始まりでした。コミュニティ・ビジネスを世に広めていこう!この趣旨に賛同した方々によって1997年に発足したのが、コミュニティ・ビジネス・ネットワーク(CBN)という市民団体。
*
当時はまだ、都市計画コンサルタントのペーペーでしたが、bossから「コミュニティ・ビジネスによる地域づくりを新潟県岩船地域で実践せよ!」という指令が下っていたこともあり、設立初期の頃に少々関わらせていただいておりました。
フォーラムでは、林さんと細内さんの対談(個人的にはかなり興味深い内容でした(^^))の後、CBNの発足とほぼ同時期にスタートした都岐沙羅の取り組みを、短時間ではありましたがご紹介させていただきました。私以外にも田中 惇敏さんの気仙沼ゲストハウス”架け橋"の取り組みや、Masaki Kimuraさんによる交通関係の事例紹介がありましたが、ものすごく参考になり、よいインプットの機会となりました(感謝!)

フォーラムに参加されていた方々とも新たなご縁が生まれ、とても有意義な会でした。ありがとうございました〜。

20171202cbn20_8

2017年11月23日 (木)

細内共著の『ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割』

『ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割』の紹介
(2004年 ぎょうせい/炭谷茂、大山博、細内信孝編著)
細内共著の『ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割』では13年前から細内所長らが上梓したこの本の中では、ソーシャルインクルージョンを「共に生きる社会」として定義しています。
*
2_101
*
私が提唱しているコミュニティ・ビジネスの概念の中では、
地域で生かされないもの(人)を極力出さないという点をとても大切にしています。つまり、ソーシャルインクルーションはコミュニティ・ビジネスの根幹に流れる考え方です。過去に細内校長が視察したイギリスでは、障がい者だけでなく、非行に走る若者たちの就労の場としてソーシャルインクルージョンの視点にもとづき、仕事づくりが行われいました
*

細内は大学院3校、大学3校、短大1校の7大学の非常勤を経験

細内所長が以前15年にわたって非常勤講師・客員教授として勤務していた7大学(大学院3校、大学3校、短大1校)における講座・シラバスの紹介です。

下線のところをクリックしてみてください。
Img_2923
                                                                                                                 
  年 度 大学名   内 容
 

2003年度
  new

 
 

埼玉女子短期大学 客員教授

 
 

●コミュニティ・ビジネス ●   女性起業論 ● ショップマネジメント ● ショップ企画 ● マーケティング ●ファイナンシャルプラン論 ● 特別研究入門(ショップマネジメント)

 
 

2003年度
  new

 
 

立教大学大学院 講師

 
 

コミュニティデザイン学演習
 
(コミュニティビジネス論)

 
 

2002年度

 
 

埼玉女子短期大学 客員教授

 
 

●コミュニティ・ビジネス ●   女性起業論 ● ショップマネジメント ● ショップ企画 ● マーケティング ●ファイナンシャルプラン論 ● 特別研究入門(ショップマネジメント)

 
 

2002年度

 
 

立教大学大学院 講師

 
 

コミュニティデザイン学演習
 
(コミュニティビジネス論)

 
 

2002年度

 
 

亜細亜大学大学院 講師

 
 

特別講義(コミュニティ・ビジネス)

 
 

2002年度

 
 

多摩大学 講師

 
 

コミュニティ・ビジネス

 
 

2002年度

 
 

東京経済大学 講師

 
 

コミュニティの経済学

 
 

2001年度
 
通年

 
 

中央大学オープン・カレッジ 講師
 
(クレセントアカデミー)

 
 

21世紀の働き方
 
コミュニティ・ビジネスのすべて
 
~自分で職住近接の雇用を創ろう~

 

|   |

 
 

2001年度
 
通年

 
 

法政大学エクステンションカレッジ 講師

 
 

コミュニティ・ビジネスでまちも自分も元気になろう

 

|   |

 
 

2001年度
 
春期

 
 

多摩大学 講師

 
 

コミュニティ・ビジネス

 

|   | シラバス |

 
 

2001年度
 
通年

 
 

東京経済大学   経済学部 講師

 
 

コミュニティの経済学

 

| 概 要 | シラバス |

 
 

2001年度
 
春期

 
 

埼玉女子短大 講師

 
 

コミュニティ・ビジネス講座
 
~自分で職住近接の雇用をつくろう~

 

|  要A |  要B |

 
 

2000年度
 
秋期

 
 

法政大学エクステンションカレッジ 講師

 
 

コミュニティ・ビジネス(5コース)

 

|   |

 
 

2000年度
 
春期

 
 

法政大学エクステンションカレッジ 講師

 
 

コミュニティ事業開発実務

 
 

2000年度
 
秋期

 
 

中央大学オープン・カレッジ 講師
 
(クレセント・アカデミー)

 
 

コミュニティ・ビジネス講座
 
~自分で職住近接の雇用をつくろう~

 

|   |

 
 

2000年度
 
春期

 
 

中央大学オープン・カレッジ 講師
 
(クレセント・アカデミー)

 
 

コミュニティ・ビジネス講座
 
~女性たちの自分起こし、やってみよう地域事業~

 

|   |

 
 

2000年度
 
秋学期

 
 

多摩大学 講師

 
 

コミュニティ論

 

|   | シラバス |

 
 

2000年度
 
春学期

 
 

埼玉女子短大 講師

 
 

コミュニティ・ビジネス

 

|  要A |  要B |

 

 

ある大学院の科目<コミュニティ・ビジネス論> 細内 信孝

2012年度当時の細内所長が非常勤で勤務していたとある政策研究の大学院におけるシラバス(公開済み)です。私の備忘録的にブログにアップしました。写真は現地視察の風景です。
*
<コミュニティ・ビジネス論> 細内 信孝
科目分類:プログラム科目 | 単位:2単位
群/プログラム:地域産業政策/地域産業政策
*
Imgp2306
* 
20120616saito_1
*
【授業のテーマ】  本講座では、コミュニティに活力を与え続けることが可能なコミュニティ・ビジネス(CB)とそのCBを核にした戦略コミュニティ によるコミュニティの活性化、再生策を学ぶ。自己雇用による生き がいや働きがいを生み出す効果とスモール・ビジネスを通して地域 経済に寄与するCBついて理解し、市民起業、まちづくり、環境共 生、福祉、子育て等の事業によるもう一つの新しい地域経済・産業 の作り方を学ぶ。
*
【授業の到達目標】 学生は、地域の社会問題の解決を、CBという地域事業の視点から 考察し、その解決に向けた事業プランを作成することができる。 かつ学生は、その社会問題解決に向けて、関係する行政や中間支援 機関、NPO、企業、大学等とパートナーシップを組みながら、事 業者の立場に立って、主体的に地域経営の一翼を担うマネジメント 能力 (内外の調整能力)を記述することができる。
*
【授業の概要と方法】 世界各地で展開されているコミュニティや市民セクター等において 生起する多様なビジネス(コミュニティ・ビジネス)は、疲弊して いる中心市街地、商店街、住宅地、団地、農林水産の集落など、多 方面で散見されているがまだ充分ではない。そのコミュニティ再生 の切り札として注目を集めているCBを紹介する。それはCBが持 つコミュニティの活性化の視点から、また市民起業、社会的起業の 視点から、さらには社会的弱者(職のない者、障がい者、高齢者等) の自立の視点から、その問題点や課題を整理する。本科目では、そ うしたコミュニティ・ビジネスの先進事例を取り上げ、将来の発展 の可能性と課題について、ケース・スタディを交えながら(今年度 から現場に赴く機会を増やす)、その検証を行う。また、そうしたプ ロセスを通じて、“コミュニティ・ビジネスとは何か” の本質を探り、 具体的な活動分野やその意味・意義、ビジネススタイルを確認して いく。
*
【授業計画】 回 テーマ 内容
1 コミュニティ・ビジネ スとは何か(1) CB現地視察、現場ゲストのレク チャーを含む 
2 コミュニティ・ビジネ スとは何か(2) CB現地視察、現場ゲストのレク チャーを含む 
3 コミュニティ・ビジネ スとは何か(3) CB現地視察、現場ゲストのレク チャーを含む
4 コミュニティ・ビジネ スとは何か(4) CB事業企画書 (基礎編1)の作 成 
5 コミュニティ・ビジネ スとは何か(5) CB事業企画書 (基礎編2)の作 成  
6 新たな公共づくりとし てのコミュニティ・ビ ジネス コミュニティ内にCBによる共 助、互助の仕組みを作る。
7 コミュニティ・ビジネ スを主体とした戦略コ ミュニティのあり方 コミュニティに横串を通し、ネッ トワーク化を可能とするCBにつ いて知る
8 職のない者、障がい 者、高齢者等の社会参 加 社会的弱者にとってCBで働くこ とが
社会参加の場になる 
9 団塊世代の自分起こし と地域デビュー CBによる地域デビューの方法を知る
10 社会起業家による新し いまちづくり CBを起こす社会起業家とは何かを知る 
11 大競争と相互扶助が共 存する地域社会づくり CBによる共生、共存について、経済の分野でも必要であることを 知る 
12 まちづくり(コミュニ ティ・ビジネス)を支 援・仲介するインター ミディアリーの役割
CBにおけるインターミディア リーの位置づけと役割を知る
13 民、産、学、官の協働 による地域経営 新しい公共という視点から協働の 意味と役割を知り、民の立場から CBの位置づけやその役割を知る
14 共に生きる社会づくり に向けて 一人勝ちの行き過ぎた経済を是正 する一つの対極
(コミュニティに 根差した経済・産業)に共に生き る社会づくりがあるが、そのあり 方を考える
15 纏め(予備) 現場視察の日程により、スケ ジュールは前後交換する場合もある。
*
【授業外に行うべき学習活動(準備学習等)】 テキスト 2 冊を事前に精読しておくこと。
【テキスト】 細内信孝著『新版 コミュニティ・ビジネス』学芸出販社 細内信孝編著『がんばる地域のコミュニティ・ビジネス』学陽書房
*
【参考書】 細内信孝編著『地域を元気にするコミュニティ・ビジネス』ぎょう せい 細内信孝編著『みんなが主役のコミュニティ・ビジネス』ぎょうせい 細内信孝、鵜飼修著『コミュニティ・ビジネス起業マニュアル』ぎょ うせい 細内信孝編著『団塊世代の地域デビュー心得帳』ぎょうせい
*
【成績評価基準】 授業への参画度 (積極的提案や発言を重視する。40 %)、課題レポー ト(60 %)を併せて、総合的に単位を認定する。
*
【学生による授業改善アンケートからの気づき】 今年度からCB事例の視察や実践者の生の声を積極的に授業で紹介 していく。
【情報機器使用】 PC、プロジェクター、ビデオ・DVD機器、ホワイトボード
*
【その他】 現場視察は現地集合、現地解散を原則とする。遠隔地の場合、授業 回数が 2 回分になることもある。
*
20120616saito_2

青森の高校生に問う、地域起業のマインドを学ぶ総合学習

2012年、2013年と青森県からCB総合研究所に委託されて、
コミュニティ・ビジネス起業の高校生版プロジェクトがスタートしました。

038

若いうちから郷土愛を持ちながら、地域資源を見い出す能力を身に

付け、大人になってからも故郷・地元で仕事を起せるように、高校生

向けにコミュニティ・ビジネスの意義・意味を理解できるようにと、

プログラムを開発したものです。

青森県もその普及のためにパンフレットを作り、2014年4月から広く

一般に公開されています。

そのパンフレットの一部をご紹介します。

S20140428_024

S20140428_026

S20140428_028

S20140428_029

以上、ほんの一部でした

*
子供たちの未来のためにお役に立てれば幸いです

*

2017年11月18日 (土)

いまこそ生活観光へ一歩を踏み出そう!

再びいま、なぜ生活観光が必要なのか

過疎の集落こそ自立を生み出す生活観光が必要

地方創生は生活観光から始まる!!!

Img_2956


グローバル経済がますます拡大する中で、生命系の経済

“Small is beautiful” 仏教経済の必要性が叫ばれています。

私達はグローバルの影響を極力抑えた等身大の生活を

もう一度取り戻すために、生活をベースにした観光という視点から

再び私達の生活(暮らし)を見つめ直すことを研究命題に選びました。

そして、それに”生活観光”という名前を付けて普及活動をしています。

*

Img_2887

生活観光とは?

その土地土地の社会的・経済的・歴史的・文化的な背景を踏まえ、
地域コミュニティにおける生活・暮らしそのものを現場で体験しな
がら、その生活・暮らしを地域の住民とともに育む新しいツーリズム
のことを生活観光と呼んでいる。

*
細内信孝は、1997年3月から墨田区にて地元の人々と墨田区
両国駅前に共同事務所を構え、その時の社会開発実験から
得た一つの結論として、細内は人間活性化・地域活性化として
生活観光を提唱している。
*
詳しくは、細内信孝著『コミュニティ・ビジネス』中央大学出版部(1999年発行)
を参照されたし。
 

*2007年4月に細内所長が『観光』日本観光協会に”生活観光”について寄稿する

*

 Img_2922

当研究所が考える生活観光の戦略・戦術

Img_2972

homeへ

細内所長の町の研究者としての研究業30年を記念して

好きなことを仕事にしてきました。

東京からご当地までの旅費、宿泊費を出していただき、私の話しまで聞いていただき、おまけに謝礼までいただいて喜んでもらい、とても幸せでした。

Img_2911
そんな細内所長の研究業30周年を記念して、
小学校中学校・高校短大・大学大学院シニア団体への講義(話し)はお気持ちで伺います。(旅費は実費)
Img_2890

2017年11月17日 (金)

「町の学校」のモニターを募集中

町の学校は、地域の振興や地域の活性化を得意としています。特に地域の仕事おこし、買物弱者や生活弱者の支援などの地域課題に取り組む自治体、自治会・町内会、商工会、商店街、そして社会福祉協議会、NPOなどを応援し、そうした地域課題の解決に取り組む人々の人づくり、組織づくりをお手伝いします。

Img_5533 

また町の学校では、90分、120分、3時間コースなどの授業体験ができるお試し講座を開催しています

*

Img_5615

*

開催日時、エリアによって条件が異なりますので、詳しくは当校までお問い合わせください。

<<運営会社>>

東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-23-6-3F

有限会社コミュニティビジネス総合研究所

町の学校事務局

電話&ファクス 03-3350-8651 

モバイル 070-5082-7888

当社のメールアドレス  

hosouchi188@gmail.com

または cbsoken@nn.em-net.ne.jp

CB総合研究所(当社)のウェブサイト

http://www.hosouchi.com/aboutus.html