2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

細内信孝のコミュニティ・ビジネスワールド

2020年8月 4日 (火)

個人の直感(意味情報)による地域づくりがこれから重要だ

過去に個人の直観(意味情報)による地域づくりが結果としていくつか陽の目を見てきたが、コロナ禍以降その手法がますます脚光を浴びてくることになるだろう。

Komanosato_20200804172001

筆者がHRIの研究課長時代に共同研究し、今井氏らと一緒に制作したもの(1996年)

いくつかその事例を紹介すると次の通り、

1.宮澤賢治の作品「銀河鉄道の夜」、「注文の多い料理店」、「風の又三郎」など、岩手県花巻地域の風土を、宮澤賢治ワールドとして表現している。

2.山田洋次監督の映画「男はつらいよ」の車寅次郎ワールド(東京下町の葛飾柴又)、日本人の人情、機微を車寅次郎を通して巧みに表現している。

3.書家・詩人相田みつをの「相田みつをワールド」(栃木県足利市)を表現、簡単な詩を独特な書体で表現し、みつをワールドを自らの生き方として演出している。

4.渡来人の子孫たちが、ご祖先にあたる渡来人高麗若光の「高麗王伝説」(埼玉県日高市)と「渡来文化」を高麗の里の生活文化を誇りとして伝えている。

5.戦前の画家山本鼎の農民美術運動と戦後美術商窪島誠一郎氏の戦没画学生の伝承・無言館活動(長野県上田市)を地域資源として活用している、などなど。

Photo_20200815072401

上田市で購入した農民美術木工作品の箱ラベル

いずれも一人の人間による強い思い入れ(直観、ワールド、世界観)から地域づくりがスタートし、今でも残っている。

 

第1401回細内ブログ、環境コミュニティ・ビジネスをもう一度考える昨今

スーパーのレジ袋が2020年7月1日より有料化したが、経済産業省の2003年度の環境コミュニティ・ビジネス委員会でレジ袋の有料化が議論され、一度委員会の中で「レジ袋の有料化を実現すべき」という形でまとめられたことがある。

当時委員の一人として参加していたので鮮明に覚えている。あれから17年も経過して実現したことは嬉しいが、あまりにも歳月がたちすぎている。

細内も委員の一人として執筆している

そして昨日、水素バス、H2Oバスに乗車してきたが、バスの価格は1億円で通常のバスの5倍の車両価格だそうだが、導入には8500万円の補助金が出ているそうだ。乗りごこちは快適だった。水素ガスのスタンドは多摩市内の尾根幹線沿いにあり、東京多摩地区では2台が導入されている。まだ価格が問題だが、社会の趨勢はCO2削減の方向に確実に動いている。日本の誇れる技術の一つだ。

Dsc_0097

2019年8月25日 (日)

コミュニティビジネス総合研究所出版部が贈る『人にやさしい仕事』細内、東海林著が上梓します

2019年8月1日コミュニティビジネス総合研究所は、出版部を立ち上げました。

コミュニティビジネス総合研究所出版部が、日本の青少年に贈る『人にやさしい仕事』シリーズの第一弾です!!

http://www.hosouchi.com/book2.html

本書は、企業活動に『人にやさしい仕事』を企画・実践してきた社会企業家を紹介するシリーズ第一弾の書籍です。

日本の青少年を対象に、スーパー小学生から中学・高校生、大学生、ヤングビジネスパーソンまで幅広く読んで欲しいと考え、コミュニティビジネス総合研究所が贈る令和の良書です。

コミュニティビジネス総合研究所出版部 
  時価(税込み) 86頁
  A5判 2019年9月1日発行

Img_5871_20190827164401

☆1999年3月(20年前)に発行された「やさしい仕事シリーズ」の原点に位置づけられる絵本

 

Dvd

☆内閣府が企画した男女共同参画普及のDVD、細内所長もアドバイザーとして出演している

 

Soukenn_20190825211701

☆彡

2019年8月 2日 (金)

地域創生にもっと地域信託を導入しよう!

7/31の日本経済新聞によると、次図のように土地建物、森林の管理に、信託制度を導入し始めた会社が出てきた。

そのことを提案した私の8年前の2011年5月号『AFCフォーラム』に寄稿した論文は、こちらから見ることができるのでご照覧ください

https://docs.wixstatic.com/ugd/7ed173_886aa1ff4f674d04a27593e5805abde5.pdf?fbclid=IwAR0eBaZ0yvJ3YoVZb9FgJlJ-XcsHKArDBL_FtWXx864wzzup6ZsxTL4ZRHY

*

Photo_20190802110701

*画像をクリックすると拡大します

Photo_20190802111101

7/31の日経新聞朝刊より

*画像をクリックすると拡大します

2019年8月 1日 (木)

細内所長の33年間の社会活動実績です。

CB総合研究所細内所長の33年間にわたる社会活動実績です。

http://www.hosouchi.com/jisseki.html

ご照覧ください。

☆彡

Soukenn_20190801090301

☆彡

 

Book01_20190801090701

☆彡

Photo_20190801090701

☆画像をクリックすると拡大します

*

細内所長の関連URL

細内信孝のコミニティ・ビジネス ワールド http://www.hosouchi.com

コミニティビジネス総合研究所 http://www.hosouchi.com/aboutus.html

町の学校  https://123noriko.wixsite.com/machi/

企業をサポートするコミュニティなび https://hosouchi188.wixsite.com/communitynavi

 コミュニティビジネス総合研究所のFACEBOOK

 細内信孝のFACEBOOK

☆彡

Cbkyoto1_20190801090801

☆彡

 

2019年6月29日 (土)

外部研究者による、先行研究である細内信孝のコミュニティ・ビジネス論の紹介と考察

外部の研究者が、細内信孝所長のコミュティ・ビジネス(CB)論を自らの論文のなかで紹介し、考察した論文の一覧です。先行研究者として整理しました。ご活用ください。

なお細内の論文は、当HP上にもある国立情報学研究所の細内信孝サーチ及び国立国会図書館の細内信孝サーチをご覧ください。

Imgp0394

*ソウルの国際会議において招待講演を行う(2010年)東海林伸篤氏写す

1.京都大学経営管理大学院「コミュニティ・ビジネス振興のためのプラットフォーム」櫻木恵子・小林潔司論文(細内CB論を紹介)

 

2.京都大学OCW「コミュニティ・ビジネス論の展開と実践」小林発表資料(細内CB論を紹介)

 

3.岐阜県産業経済振興センター「環境コミュニティ・ビジネスに関する調査研究」
参考文献に細内著作の記載
(当時細内は経済産業省の環境CB事業の推進委員であった)

 

4.信州大学環境科学年報28号「わが国の環境コミュニティ・ビジネスに関する動向と社会的企業に関する一考察」樋口・古賀論文(細内CB論を紹介)

 

5.明治大学「公共経営学科特集号、NPOのマネジメント」小関論文(細内CB論を紹介)



6.高崎経済大学「農村コミュニティ・ビジネスの実態と展望」村山論文(細内CB論を紹介)



7.産業能率大学「コミュニティ・ビジネスにおける組織概念」松本論文(細内CB論を紹介)



8.大東文化大学編『CBの基礎知識』(細内のコミュニティ・ビジネス論について紹介)



9.桃山学院大学「関係が関係を生むコミュニティビジネス」牧野論文(細内CB論を紹介)



10.奈良産業大学「コミュニティ・ビジネスの定義」西村論文(細内CB論を紹介)



11.関西学院大学「地域福祉から見たCBの可能性」柴田論文(細内CB論を紹介)



12.天理大学「地域福祉におけるCBの可能性」村田論文(細内CB論を紹介)



13.熊本県立大学「地域貢献研究事業」赤松論文(細内CB論を紹介)

 

14.早稲田大学「Jクラブの地域密着の意味の変容」大山学位論文(参考文献に細内著作を紹介)

(Jクラブの地域性を考える上でコミュニティ・ビジネスの地域密着性が参考と成り得る)

 

15.国際ボランティア学会「CBの実態と方向性に関する一考察」相川論文(細内のCB論を紹介)



16.愛知学泉大「NPO型コミュニティ・ビジネスの可能性」『コミュニティ政策研究』第3号

 山崎論文(細内著作から一部引用)

 

17.関西学院大学「日本における社会起業理論を再考」柴田論文(細内著作から一部引用)

 

18.桃山学院大学「再生可能エネルギー事業による地域活性化-コミュニティ・ビジネスとのつながりから-」査蕾博士論文(細内CB論から一部引用)

 

19.東京工業大学「非営利活動法人の持続的事業戦略の実証的導出」中村博士論文(細内のCB論を紹介)

http://t2r2.star.titech.ac.jp/rrws/file/CTT100675439/ATD100000413/

 

私たちは、コミュニティ・ビジネスで地域の活性化を実現します!

 

細内関連のWEB一覧

細内信孝のコミニティ・ビジネス ワールド http://www.hosouchi.com

コミニティビジネス総合研究所 http://www.hosouchi.com/aboutus.html

みんなの町の学校  https://123noriko.wixsite.com/machi/

企業をサポートするコミュニティなび https://hosouchi188.wixsite.com/communitynavi

コミュニティビジネス総合研究所のFACEBOOK

細内信孝のFACEBOOK

Imgp0574

*ソウル国際会議から招待を受け、講演及びパネラーとしても積極的に参加(2010年)

Imgp0578

ソウル国際会議の同行者・東海林伸篤氏写す

 

*画像をクリックすると拡大します

2019年6月24日 (月)

女性の地域リーダーが商店街を変える!

物を売っていた商店街から、困ったことへの対応を行う生活の複合化拠点へ変身だ。

*画像をクリックすると拡大します

Dsc_1517

*

それは男性よりもむしろ女性の方が向いている。女性の地域リーダーが商店街を変える。

女性が輝く地域コミュニティには繁盛商店街が存在する。おかみさん部会だ。そして、よく気が付く商店街だ。

Dsc_1519

*

地域コミュニティで小口のファンドレイズは、商店街における地域お困りごと解決にピッタリの手段だ。

商店街のおかみさんがその窓口になればよい。

Dsc_1516  

*

Dsc_1588

そしてインターネットの時代、商店街のおかみさんはICTの利活用が必須となってくる。

*画像をクリックすると拡大します

最近町会、自治会が取り組んでいる副業?は、チャリティなのだ

CBの最新ニュース

最近の町会、自治会が取り組んでいること。

それは、超高齢社会を迎え、独居老人が増えてきたことによるお助けだ。

買い物にも行けない。外出が億劫になってきた。

ゴミ出しや電球の交換も困難になってきた。だれかやってくれないかな。

そんな要望に商店街や中学校PTAも動き出す。

Dsc_1514

*画像をクリックすると拡大します

Dsc_1515

*

老夫婦の耕作放棄地を町会、自治会が借り上げ、市民農園として有料で貸し出したり、

コミュニティガーデンとして町中を花いっぱいにし、とうとう花のテーマパークにして入場料を取り出した。

Dsc_1588

さらにはトマトを子供たちと一緒に植え、収穫したトマトを農協を通じて企業にも売りだした。

こうしてコミュニティも自立、副業の時代を迎えている。

コミュニティの商業(ビジネス)も英国ではチャリティなのだ。

そこでの収益はみんなのために使うからだ。

*画像をクリックすると拡大します

 

 

2019年6月21日 (金)

CB最新ニュース

CB用語の解説:社会的包摂とは?
https://123noriko.wixsite.com/machi/blank-5

☆彡

中高生の郷土愛を育む

*画像をクリックすると拡大します

Dsc_1512
*
☆彡

はじめてのCB、地域デビュー応援講座
http://www.hosouchi.com/DSC_1513.jpg

Dsc_1513
*画像をクリックすると拡大します
☆彡

企業のCSR、社会貢献、地域貢献。コミュニティに求められる企業とは?

Dsc_1521
*画像をクリックすると拡大します
Dsc_1586
☆CBの普及活動は地域資源を見える化することから始まる

2019年6月19日 (水)

共に生きる社会を忘れないで!

「ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)」を正しく理解していますか?

一億総活躍国民会議の菊池桃子委員が首相に提言したことで「ソーシャルインクルージョン」という言葉に再び関心が集まっています。日本語では「社会的包摂」と訳されていますが、なかなか意味が伝わりにくい言葉ではないでしょうか。

「ソーシャルインクルージョンと社会起業の役割」

(2004年12月 ぎょうせい/炭谷茂、大山博、細内信孝編著)

Book_social

 

*社会的包摂については、2010年12月発行の細内信孝著『新版コミュニティ・ビジネス』学芸出版社の164~170ページも併せて参照されたし。

Cbkyoto1

細内校長らが上梓したこれらの本の中では、

ソーシャルインクルージョンを「共に生きる社会」として定義しています。

では、「共に生きる社会」とは、具体的にどのような社会づくりなのでしょうか。

例えば、栃木県足利市にあるココ・ファーム・ワイナリーという農園では、ワイナリーの活動を知的障がい者と一緒に行っています。すごいところは、どんな障がいのある方にも、その人の状態やその人のできること、得意とすることに合わせた働き方を用意しているところです。

日本の社会では、いまだに毎日朝から夕方まで働きに行く、という形式の仕事が一般的であり、そこに適合しない人々(子育て中の女性や障がい者、まだ働く意欲のある高齢者など)への配慮が足りない側面が見受けられます。

Book01

1999年刊行した細内信孝著『コミュニティ・ビジネス』は多くの人々から賞賛を集め8刷りまで版を重ねた

どのような方でも社会参加ができる、ひいては賃金をもらい納税者になる。どんな人も地域社会に受け入れられ、そのコミュイティの中でいきいきと活躍するための環境づくりが必要と考えます。

より以前の記事一覧